2014年09月24日

産経新聞ソウル支局庁への韓国の扱いに朝日編集委も異議

産経新聞ソウル支局庁への韓国の扱いに朝日編集委も異議
http://yukan-news.ameba.jp/20140923-22014/
2014年09月23日 16時41分

産経新聞がウェブサイトに掲載した記事が韓国の朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして、産経新聞の加藤達也ソウル支局長がソウル中央地検の事情聴取を受けた。加藤氏は出国を禁止されている。

 この記事はセウォル号事故の際に朴氏に7時間の空白の時間があったことを指摘したもの。元々は韓国メディアが報じたものを産経が訳したものである。

 韓国のこのやり口について、朝日新聞の特別編集委員・冨永格氏はこれまでに複数回異議を唱えてきたが、21日、あらためてこうツイートした。

“産経ソウル支局長の件、何度もつぶやきましたが、あの程度の引用で出国制限とか検察の尋問とか正気の沙汰じゃない。加藤さんの記事を訳した韓国人にも名誉毀損の容疑が検討されているとか(聯合ニュース)。こういうのを恥の上塗りといいます。朴大統領は言論の自由をどう考えているのでしょう。”

 この件についてはすでに自由報道協会や日本外国特派員協会も異議を唱えている。




産経ソウル支局長聴取で、韓国のこのやり口について、朝日新聞の特別編集委員・冨永格氏はこれまでに複数回異議を唱えて来た。
21日、「産経ソウル支局長の件、何度もつぶやきましたが、あの程度の引用で出国制限とか検察の尋問とか正気の沙汰じゃない。加藤さんの記事を訳した韓国人にも名誉毀損の容疑が検討されているとか(聯合ニュース)。こういうのを恥の上塗りといいます。朴大統領は言論の自由をどう考えているのでしょう。」とツイート。
反日、捏造新聞の朝日新聞の記者でさえ、異議を唱えている。






冨永格 @tanutinn
産経ソウル支局長の件、何度もつぶやきましたが、あの程度の引用で出国制限とか検察の尋問とか正気の沙汰じゃない。加藤さんの記事を訳した韓国人にも名誉毀損の容疑が検討されているとか(聯合ニュース)。こういうのを恥の上塗りといいます。朴大統領は言論の自由をどう考えているのでしょう。




参考

[産経ソウル支局長聴取] 日本ペンクラブが「憂慮」声明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405529268.html

産経支局長の虚偽報道、「結論」発表できない韓国検察
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404542652.html

[ハンギョレ新聞] 産経ソウル支局長告発で日本極右に完敗した韓国極右
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404455851.html

産経ソウル支局長、地検に出頭 大統領への名誉毀損問題
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403926618.html

産経新聞ソウル支局長への出頭「命令」 流石に韓国内でも異論が出始める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403794485.html

産経新聞にイチャモン…国家レベルだった韓国の非常識
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403723437.html
ラベル:朝日新聞
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック