2014年09月22日

[期限切れ鶏肉問題] 上海の期限切れ肉で解雇、米国系食品工場で従業員340人、生産再開メド立たず

[期限切れ鶏肉問題] 上海の期限切れ肉で解雇、米国系食品工場で従業員340人、生産再開メド立たず

上海の期限切れ肉で解雇、米国系食品工場で従業員340人、生産再開メド立たず
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140922/chn14092219200005-n1.htm
2014.9.22 19:20

【上海=河崎真澄】米食品大手OSIの中国法人は22日、上海市に本社と工場を置く関連会社で、期限切れ食肉加工品を出荷した問題が7月に発覚した上海福喜食品の従業員340人を解雇する、と発表した。

 公安当局による捜査が続いているほか、取引先からの契約打ち切りで、工場再稼働のメドが立たなくなった。管理部門など約160人の従業員は当局の調査への対応のため残留する。

 OSI中国法人によると解雇は22日付。7月下旬に地元テレビの報道で問題が明らかになって以来、生産は停止していた。

 上海市の検察当局は8月29日、上海福喜の幹部ら6人を逮捕した。6人は問題発覚後、公安当局に刑事拘束されていた。上海福喜は期限が切れた肉の加工品を中国のマクドナルドやピザハットなどに供給。一部食品は日本に輸出され、日本マクドナルドとファミリーマートが販売していた。


中国産鶏肉問題.PNG



米食品大手OSIの中国法人は22日、上海市に本社と工場を置く関連会社で、期限切れ食肉加工品を出荷した問題が7月に発覚した上海福喜食品の従業員340人を解雇する、と発表した。
日本でも腐った肉を食べさせられました。
ファミリーマートは、今後も中国と関わるそうです。



参考

[期限切れ鶏肉問題] 櫻井よしこ氏 期限切れ鶏肉輸出の中国人は「懲りない人々」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403428063.html

[期限切れ鶏肉問題] 中国の期限切れ腐肉 相手が日本人なら食べさせたいとの感覚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403272195.html

[期限切れ鶏肉問題] 上海福喜食品勤務男性 肉が落ちても床はキレイだから大丈夫
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403225526.html

マックだけじゃない、外食業が嵌った「低価格競争のワナ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403092226.html

[期限切れ鶏肉問題] マクドナルドは、商品ごとに原産地公表するとサラ・カサノバ社長が陳謝
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402857406.html

[期限切れ鶏肉問題] ファミリーマート「今後、中国産食材を厳選して調達する」!不買決定!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402749445.html

期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」!日本マクドナルド、ナゲットの約2割を期限切れ肉使用の工場から購入!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402328947.html
ラベル:中国
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック