2014年09月19日

賃上げのため法人減税を 経団連会長が官房長官に要請

賃上げのため法人減税を 経団連会長が官房長官に要請
http://www.asahi.com/articles/ASG9L513MG9LULFA026.html?iref=comtop_list_pol_n01
稲田清英 2014年9月19日08時08分

経団連の榊原定征会長は18日、東京都内で菅義偉官房長官と会談し、「来春も企業が賃上げできるように、法人実効税率の実質的な減税をやっていただきたい」と要請した。榊原会長が会談後、記者団に明らかにした。

 今春闘のように企業が賃上げに踏み切るためには、政策的な支援が欠かせない、との考えを強調したものだ。経団連は2015年度税制改正に向けた要望で、法人税の実効税率を、今の約35%から15年度にまず2%幅以上引き下げ、17年度をめどに20%台にするよう主張している。

 榊原会長は「我々経済界としても、政権の政策遂行に全面的に協力していきたい」と述べ、安倍政権への支援姿勢を改めて示した。(稲田清英)


経団連・榊原定征会長.PNG



経団連の榊原定征会長は18日、東京都内で菅義偉官房長官と会談し、「来春も企業が賃上げできるように、法人実効税率の実質的な減税をやっていただきたい」と要請した。
今春闘のように企業が賃上げに踏み切る為には、政策的な支援が欠かせない、との考えを強調したものだ。
今年の春闘で賃上げになった企業もありましたが、消費税8%への引き上げで相殺という感じ。
賃上げの為の法人税減税とは言い訳で、法人税を下げても、税金が安くなったら、社員に給料としてあげたり、設備投資でもしようと思うよりも、税金を払ってでも将来の為に内部留保しておこうと経営者なら思う。
法人税を下げても、恩恵を受けるであろう、儲かっている会社に勤めている人は全体の約3割。
7割の人は恩恵を受けない。
政府は、外形標準課税の対象を中小企業に広げる案を検討している。
外形標準課税の拡大で中小企業にはデメリットでしかない。
外形標準課税は2004年に導入された地方税の法人事業税の仕組みで現在は資本金1億円以上の大企業にしか適用されていない。
これを中小企業にまで広げると中小企業の約半数100万社くらいが倒産に追い込まれるかも知れない。
法人税を下げると不足した財源の為に色んな問題が出て来る。




参考

外形標準課税拡大を議論 総務省が有識者検討会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405148091.html

「法人減税に期待」79% 経営者緊急アンケート 消費税10%「予定通り」6割
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404983946.html

甘利経財相、法人税「5年で6%弱下げる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404935977.html

法人税を引き下げれば、給料は上がるのか?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/399816650.html

外形標準課税拡大で狙い撃ち 中小「100万社」倒産リスク
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400513914.html

竹中平蔵「日本は物凄い格差社会になる。介護難民や若者のホームレスだらけ」(政経chより転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392961553.html

法人税改革を議論しているのはTPP推進の国賊の大田弘子(元経済財政相)と反日朝鮮企業パソナの取締役会長の竹中平蔵(第2次安倍政権の日本経済再生本部)だ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/391341771.html



関連

BSフジプライムニュースで報道された「貯蓄税」!貯蓄のある高齢者に税金を掛けようとしている!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402435443.html



パチンコ税と携帯電話課税の記事は書いてありますので、サイト内を探して下さい。
ラベル:経団連
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック