2014年09月18日

海外サイトに頼み「DDoS攻撃」…熊本の高1

海外サイトに頼み「DDoS攻撃」…熊本の高1

海外サイトに頼み「DDoS攻撃」…熊本の高1
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140918-OYT1T50094.html?from=ytop_ylist
2014年09月18日 12時39分

オンラインゲームのサーバーに大量のデータを送りつける「DDoS攻撃」を仕掛け、ゲームに接続できなくしたとして、警視庁は18日、熊本市の公立高1年の少年(16)を電子計算機損壊等業務妨害の疑いで東京地検に書類送検した。

 少年はDDoS攻撃を代行する海外サイトに攻撃を依頼していたという。同庁によると、DDoS攻撃の摘発は全国で初めて。

 発表では、少年は3月19〜20日、オンラインゲーム会社「ゲームオン」(東京)のサーバーに33回にわたってDDoS攻撃を仕掛け、同社のオンラインゲーム「Alliance of Valiant Arms」に約9時間、接続できなくするなどした疑い。

 少年はこのゲームを利用していたが、ゲーム上のトラブルから利用を停止されていたという。容疑を認め、「ゲームの運営に不満があった」と供述している。

 海外サイトは表向き、「サーバーが攻撃に耐えられるか調査する」などとうたっていた。少年はサイトに会員登録し、利用料を支払って攻撃させていた。




オンラインゲームのサーバーに大量のデータを送りつける「DDoS攻撃」を仕掛け、ゲームに接続出来なくしたとして、警視庁は18日、熊本市の公立高1年の少年(16)を電子計算機損壊等業務妨害の疑いで東京地検に書類送検した。
少年はDDoS攻撃を代行する海外サイトに攻撃を依頼していたという。
攻撃代行サイトが存在するのですね。
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック