2014年09月16日

「クジラ殺さぬ調査を」IWCで豪州が日本批判

「クジラ殺さぬ調査を」IWCで豪州が日本批判

「クジラ殺さぬ調査を」IWCで豪州が日本批判
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140916-OYT1T50036.html?from=ytop_main4
2014年09月16日 11時09分

【ポルトロージュ(スロベニア)=寺垣はるか】国際捕鯨委員会(IWC※)の総会が15日、スロベニア西部のポルトロージュで4日間の日程で始まった。

 今年3月に国際司法裁判所が日本の南極海での調査捕鯨の中止を命じる判決を出して以降、初めての開催。日本は調査捕鯨の継続を表明する方針だが、勝訴した豪州のグレッグ・ハント環境相が「クジラを殺さない調査をするべきだ」と述べ、日本を批判した。

 総会には加盟88か国のうち63か国が参加しているが、反捕鯨国が過半数を占める。初日は出席閣僚に発言の機会が与えられ、ハント環境相は「判決は、南極海での調査捕鯨は科学研究目的にあたらないと判断した。今回の判決をIWCの指針にすべきだ」と主張した。

 日本は総会で、新しい計画を作り直して南極海での調査捕鯨を継続することを表明する。しかし、反捕鯨国のニュージーランドが16日、調査捕鯨の実施にさらなる手続きを課すよう求める決議案を提出する予定で、日本を取り巻く環境は厳しい。


捕鯨国一覧.PNG捕鯨国.PNG



何故、オーストラリアは、ノルウェーやアイスランドのような商業捕鯨に対しては、文句を言わないの?
日本は、自然と共に生きて来た民族です。
国際捕鯨委員会(IWC)は要らないのでは?
国際司法裁判所(ICJ)で判断出来ますね。



ヮ(゚д゚)ォ! なぜグリーンピースはノルウェーの捕鯨船には手を出さないの?
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック