2014年09月15日

妊婦に高血圧薬、副作用疑い63件…胎児死亡も

妊婦に高血圧薬、副作用疑い63件…胎児死亡も

妊婦に高血圧薬、副作用疑い63件…胎児死亡も
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140915-OYT1T50034.html?from=ytop_main5
2014年09月15日 16時07分

独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は、高血圧治療薬のアンジオテンシン2受容体拮抗(きっこう)薬(ARB)とアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬を妊娠後に服用した副作用が疑われる症例が2011〜13年度に、妊婦12人と胎児16人に63件あったと発表した。

 薬の添付文書ではいずれも妊婦への投与が禁じられており、同機構は改めて適正使用を求めている。

 副作用の内訳をみると、胎児の死亡例が2件あり、妊婦の羊水過少、早産や胎児の骨形成不全症、腎機能障害なども確認されている。ARBやACE阻害薬は、胎児の血圧低下を招くことで、羊水の減少など様々な副作用を起こす。

 同機構は「医師は薬が胎児に与える影響を繰り返し説明し、患者も妊娠判明後は速やかに医師に相談してほしい」と呼びかけている。




高血圧治療薬のアンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)とアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬を妊娠後に服用した副作用が疑われる症例が2011〜13年度に、妊婦12人と胎児16人に63件あった。
薬の添付文書では何れも妊婦への投与が禁じられている。
ラベル:高血圧治療薬
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック