2014年09月15日

韓国政府が国策で昆虫を食用認定 2020年までに7000億ウォン規模産業に

韓国政府が国策で昆虫を食用認定 2020年までに7000億ウォン規模産業に
http://getnews.jp/archives/667233
2014.09.14 23:00 記者 : ソル カテゴリー : 政治・経済・社会


韓国政府が国策で昆虫を食用認定.PNG

韓国政府が国策で昆虫7種類を食用に定めた。政府は将来の食料難に備えてタンパク質の豊富な昆虫を食用に指定。昆虫を材料にしたお菓子も既に作られているようで、その模様が動画にて公開されている。決して虫のような見た目のお菓子ではなく、実際に虫が使われているお菓子である。

指定された虫は、バッタ、コオロギ、カブトムシ、シロテンハナムグリ(コガネムシ科の虫でカナブンに似ている)などの成虫と幼虫。
韓国政府は昆虫食品産業に力を注ぎ、市場を韓国内だけでなく国際的に拡大させる目論見である。
将来的には2050年には人口が90億人に達し、現在の2倍の食料が必要であると予測。そのため昆虫を代替食料として挙げたのである。2020年までに昆虫産業を7000億ウォン規模とし、昆虫食料産業を年間2000億ウォン以上成長させる方針。

実際に昆虫食はタイなどでは既に食べられており、若者の間でもブームとなっている。

韓国政府が昆虫7種を食用指定眺める(ハングル)
http://m.news.naver.com/memoRankingRead.nhn?oid=422&aid=0000080402&sid1=115&date=20140914&ntype=MEMORANKING

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]




韓国政府が国策で昆虫7種類を食用に定めた。
政府は将来の食料難に備えてタンパク質の豊富な昆虫を食用に指定。
指定された虫は、バッタ、コオロギ、カブトムシ、シロテンハナムグリ(コガネムシ科の虫でカナブンに似ている)などの成虫と幼虫。
レストランで注文した料理に虫が入っていてもセーフになる訳ですかね。
日本では、イナゴを食べる地域がありますけどね。




関連

「キムチから虫が出てきた」 メーカーから350万円詐取の男ら逮捕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402889016.html

韓国産パプリカから基準の5倍の農薬(2012年07月17日発表)!韓国産パプリカからノロウイルスが検出された筈なのだがソースが見付からない!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397871375.html

ノロウイルス汚染の疑い、キムチなど700トン回収へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/305514171.html

フジ、韓国産キムチからノロウィルスが検出されてもなかったことに さらには「ノロにかかっても病院には行かない方がよい」とフジ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/312213119.html

中央日報「韓国の食材は安全性が過去最高水準」 安全“偽装”記事に注意
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/282099859.html

韓国の海産物は汚物まみれであることが明らかに
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/275702017.html
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック