2014年09月12日

朝日の慰安婦報道謝罪「社長の国会招致の必要性高まった」 次世代の山田幹事長

朝日の慰安婦報道謝罪「社長の国会招致の必要性高まった」 次世代の山田幹事長
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140912/stt14091214120007-n1.htm
2014.9.12 14:12

次世代の党の山田宏幹事長は12日、朝日新聞が慰安婦報道を謝罪したことについて、「報道によって被ったわが国の大きな国益の損失を鑑みれば、木村伊量社長の国会への参考人招致の必要性はさらに高まった」との談話を発表した。

 山田氏は、木村社長の11日の記者会見について「真正面からの説明や謝罪がないだけでなく、慰安婦問題について広い意味での強制性があったと強弁していた」と非難した。

 朝日新聞が福島第1原発事故の「吉田調書」報道を訂正、謝罪したことについても「記事の作成に際し裏付けをとらない、チェック体制も不十分などという報道機関にあるまじき驚くべき内容だ」と指摘。その上で「朝日新聞社は自己の主張を主軸において、それを補強するために記事を作成しているのではないかという印象を国民に与えたのではないか」としている。


山田宏.PNG



次世代の党の山田宏幹事長は12日、朝日新聞が慰安婦報道を謝罪したことについて、「報道によって被ったわが国の大きな国益の損失を鑑みれば、木村伊量社長の国会への参考人招致の必要性はさらに高まった」との談話を発表した。
山田氏は、木村社長の11日の記者会見について「真正面からの説明や謝罪がないだけでなく、慰安婦問題について広い意味での強制性があったと強弁していた」と非難した。
朝日新聞のついでに、河野洋平と福島瑞穂も呼んで欲しいものです。



福島瑞穂「売国の履歴」.PNG


【山田宏 次世代の党幹事長】@河野談話を激白 慰安婦問題パネル展 & 特別講演会 2014.8.2




参考

【山田宏 俺がやらねば】朝日新聞社長の証人喚問も辞さず 誤報放置は「未必の故意」だ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404213097.html
ラベル:山田宏
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック