2014年09月09日

呉善花氏「なぜ日韓は和解しえないのか」

呉善花氏「なぜ日韓は和解しえないのか」

【大阪「正論」懇話会】
呉善花氏「なぜ日韓は和解しえないのか」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140909/plc14090918000014-n1.htm
2014.9.9 18:00 [「正論」懇話会]

大阪「正論」懇話会の第36回講演会が9日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれ、評論家で拓殖大教授の呉(オ)善花(ソンファ)氏が「なぜ日韓は和解しえないのか」をテーマに講演した。

 呉氏は韓国人気質について「反日感情の奥には価値観の違いがある。日本人の感覚を韓国人は『未開人』と見てしまう」としたうえで、悪化している両国関係の修復には「当面は『間』が必要だ」と話した。

 呉氏は韓国人と日本人を比較し、「韓国からみれば、日本人が戦(いくさ)好きの野蛮な人にうつり、今たたいておかないと軍国主義に戻るかもしれない。だから反日を繰り返し、静かにさせておこうというのが韓国人の考え方」と指摘した。

 また、朴(パク)槿恵(クネ)大統領が「慰安婦」問題に力をおくことについて「今なら人権、女性問題として批判でき、世界で注目される。『反日』を世界に植え付けるのが狙いだ」と述べた。


呉善花.PNG



大阪「正論」懇話会の第36回講演会が9日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれ、評論家で拓殖大教授の呉(オ)善花(ソンファ)氏が「なぜ日韓は和解しえないのか」をテーマに講演した。
呉氏は韓国人気質について「反日感情の奥には価値観の違いがある。日本人の感覚を韓国人は「未開人」と見てしまう」としたうえで、悪化している両国関係の修復には「当面は「間」が必要だ」と話した。
韓国人には話が通じないからね。
当面は闇が必要というか、韓国と関わりたくない。
ラベル:呉善花
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック