2014年08月29日

韓国LGの冷蔵庫で発火発煙事故が5件 日本国内、住宅全焼も

韓国LGの冷蔵庫で発火発煙事故が5件 日本国内、住宅全焼も

韓国LGの冷蔵庫で発火発煙事故が5件 日本国内、住宅全焼も
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140829/biz14082918100013-n1.htm
2014.8.29 18:10

韓国LG電子が製造し、部品の不具合からリコールの対象にしている冷蔵庫の発火・発煙事故が、日本国内で今年7月から8月にかけ5件起きていたことが29日、分かった。けが人はないが、長崎県では火災で住宅が全焼した。

 LGは2008年からリコールを進めているものの、対応が済んだのは3割弱にとどまっている。事故も続いていることから、日本法人のLGエレクトロニクス・ジャパン(東京)が30日に専用の相談窓口を設置するなど、利用者への注意喚起を強化する。対象製品は無償で訪問修理する。

 問題の冷蔵庫は「LR−A17PS」と「LR−B17NW」の2機種。03年9月から05年4月に製造され、計約4万8千台が販売された。

 LGによると、今回の5件を含め、これまでに22件の事故報告があるという。


LR-A17PS(パールシルバー).PNG



韓国LG電子が製造し、部品の不具合からリコールの対象にしている冷蔵庫の発火・発煙事故が、日本国内で今年7月から8月にかけ5件起きていたことが29日、分かった。
けが人はないが、長崎県では火災で住宅が全焼した。
問題の冷蔵庫は「LR-A17PS」と「LR-B17NW」の2機種。
リコール対象。
2008年からリコールを進めているそうです。
やはり、韓国の製品は色々と問題がありますね。



リコール(無償部品交換)実施のお知らせ(LG)
http://www.lg.com/jp/press-releases/recall
プレスリリース
12/16/2008

リコール(無償部品交換)実施のお知らせ(「LR−A17PS」「LR−B17NW」 )
テキストをダウンロード (DOC)

 LGエレクトロニクス株式会社(代表者:CEO南縺A本社:ソウル)ではこのほど、2003年9月から2005年4月にかけて製造いたしました一部の冷凍冷蔵庫におきまして、使用しているコンデンサーの不具合により、発煙・発火の恐れがあることが判明いたしました。これに起因するとみられる該当部品の焼損および住居等の一部焼損がこれまでに計7件確認されております。

 つきましては、リコールを実施させていただくこととなりました。対象製品をご使用中のお客様を訪問し、無償にて該当部品の交換処理を行わせていただきます。
 本日より、該当製品確認および無償交換に関するお客様からのお問い合わせに対応するコールセンターを設置します。併せて、弊社ホームページにて告知するとともに、12月17日の全国紙朝刊に社告を掲載します。

 対象製品をご使用中のお客様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
 現在、経済産業省をはじめとする関係各所とも連携を図らせていただいておりますが、併せて、今後はこのようなことが起こらぬよう、品質管理については全社をあげて、さらなる万全の体制を構築してまいる所存です。
なにとぞご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 今回のリコール(無償部品交換)の概要につきましては、添付ファイルをご参照ください。
ラベル:LG
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック