2014年08月19日

鳥取・境港市長が北朝鮮訪問へ 港湾施設を視察

鳥取・境港市長が北朝鮮訪問へ 港湾施設を視察
http://www.asahi.com/articles/ASG8M3FNLG8MPUUB005.html?iref=comtop_list_int_n01
2014年8月19日11時01分

 鳥取県境港市の中村勝治市長(69)が、北朝鮮北東部の羅先(ラソン)経済特区を21日に視察することがわかった。7月に政府が北朝鮮への渡航自粛要請を解除して以降、首長の北朝鮮訪問は初めてとみられる。

 境港市によると、中村市長は20日、中国東北部の吉林省で開かれる環日本海拠点都市会議の会合に出席した後、翌21日に羅先の港湾施設を視察する予定。

 同会議には境港市など日本海沿岸の日中韓ロ4カ国の自治体が参加し、経済交流を進めている。羅先の視察は、同会議に参加する吉林省琿春市側から打診があり、応じることにした。中国側は、中国東北部と日本を結ぶ物流拠点として羅先を検討しているという。




鳥取県境港市の中村勝治市長(69)が、北朝鮮北東部の羅先(ラソン)経済特区を21日に視察することが分かった。
7月に政府が北朝鮮への渡航自粛要請を解除して以降、首長の北朝鮮訪問は初めてとみられる。
羅先の視察は、中国東北部の吉林省で開かれる環日本海拠点都市会議に参加する吉林省琿春市側から打診があり、応じることにした。
中国側は、中国東北部と日本を結ぶ物流拠点として羅先を検討しているという。
鳥取県境港市長が中国が物流拠点として検討している羅先を視察する為に、北朝鮮に訪問ですか。
売国首長のような気がして来た。
普通、中国の為に動かないでしょう。



境港市長が北朝鮮訪問へ
ラベル:鳥取県境港市
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック