2014年08月19日

北海道へカジノ誘致、探る高橋知事 シンガポールで初視察

北海道へカジノ誘致、探る高橋知事 シンガポールで初視察
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/557602.html
(08/19 07:01、08/19 10:27 更新)

【シンガポール徳永仁】高橋はるみ知事は18日、訪問先のシンガポールで、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を初めて視察した。アジア最大級のIRの運営状況を見るとともに、カジノに関する犯罪防止について同国政府関係者から話を聞いた。釧路、小樽、苫小牧の3市がIR誘致に名乗りを上げる中、来春の道知事選への4選出馬もにらみ、道内観光の起爆剤としての可能性を探る狙いがあるようだ。

 「IR誘致について、希望する道内三つの地域と共に考えていきたい。ギャンブル依存症などマイナスの影響への対応も、ぜひお聞きしたい」

 知事は同国政府のカジノ規制機構を訪問し、同機構のジェリー・スィー長官ら幹部を前に道内誘致に前向きな姿勢を示した。約30分の会談で、犯罪防止に向けた取り組みや、事業者が規制に違反した場合の対応などを聞いた。

 ただ、道民に反対論も根強く、知事にとってもリスクが伴う。知事選に4選出馬した場合、対立候補の出方次第ではカジノ誘致問題は争点化する。今回の視察で、規制機構から負の側面や対策を聞き取る姿勢を強調したのも、こうした点を意識した可能性がある。<どうしん電子版に全文掲載>


高橋はるみ知事.PNG



高橋はるみ知事は18日、訪問先のシンガポールで、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を初めて視察した。
釧路、小樽、苫小牧の3市がIR誘致に名乗りを上げる中、来春の道知事選への4選出馬も睨み、道内観光の起爆剤としての可能性を探る狙いがあるよう。
「IR誘致について、希望する道内三つの地域と共に考えていきたい。ギャンブル依存症などマイナスの影響への対応も、ぜひお聞きしたい」
知事は同国政府のカジノ規制機構を訪問し、同機構のジェリー・スィー長官ら幹部を前に道内誘致に前向きな姿勢を示した。
道民に反対論も根強く、知事にとってもリスクが伴う。
首相官邸のHPを閲覧したところ、北海道は国家戦略特区ではないようですが、高橋はるみ知事はカジノ誘致に乗り気なのですね。
北海道民は、次の知事選のことを考えた方が良いですよ。
カジノなんて、北海道に必要ないでしょう。



首相官邸HP
http://www.kantei.go.jp/

国家戦略特区特集ページ
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html

「国家戦略特別区域及び区域方針」を決定しました

平成26年5月1日、「国家戦略特別区域及び区域方針」を決定しました。決定した区域は、次の6区域です。

1. 東京都千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区及び渋谷区、神奈川県並びに千葉県成田市
2. 大阪府、兵庫県及び京都府
3. 新潟県新潟市
4. 兵庫県養父市
5. 福岡県福岡市
6. 沖縄県
ラベル:高橋はるみ
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック