2014年08月16日

ヘイトスピーチ:ネット発言で在特会提訴へ 在日女性(李信恵)

ヘイトスピーチ:ネット発言で在特会提訴へ 在日女性(李信恵)

ヘイトスピーチ:ネット発言で在特会提訴へ 在日女性
http://mainichi.jp/select/news/20140815k0000m040128000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20140815k0000m040128000c2.html
毎日新聞 2014年08月15日 07時15分(最終更新 08月15日 18時04分)

インターネット上の人種差別的な発言で名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人のフリーライター、李信恵(リ・シネ)さん(42)=東大阪市=が、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長や在特会に約550万円、また発言を掲載したインターネットサイト「保守速報」の運営者に約2200万円の損害賠償を求める訴えを、18日にも大阪地裁に起こす。専門家によると、在日への「ヘイトスピーチ」を巡り、個人が賠償請求する訴訟は初めてとみられる。

 李さんによると、桜井会長らは昨年初めから今年7月までインターネット上で、在日朝鮮人という李さんの出自を取り上げて、「不逞(ふてい)鮮人」などと蔑視、差別するような言葉を繰り返し投稿。「保守速報」も昨夏から今年7月まで同様の匿名による差別的な発言を掲載した、としている。

 ヘイトスピーチを巡っては、京都地裁が昨年10月の判決で、在特会などによる京都朝鮮第一初級学校(当時)への街頭宣伝を「人種差別」と認定。大阪高裁も今年7月の2審判決で、1審の判断を支持した。在特会側は上告したが、李さんはこうした経緯をふまえ、裁判を通じて、桜井会長らの発言が「人種差別撤廃条約が禁じる差別に当たる」などと主張する。

 ヘイトスピーチの法規制を研究する師岡康子弁護士(東京弁護士会)は「本来なら脅迫罪、名誉毀損(きそん)罪などの刑法で対処すべき問題だ。学校を攻撃対象とした朝鮮学校訴訟から発展して、今回の訴訟には、特定の個人に対するヘイトスピーチも違法だと確認する意義がある」と話す。

 ヘイトスピーチに関し、国連人権委員会は先月、日本政府に現行の刑法や民法では十分に対処できていないとして、発言者を処罰する法整備を求める勧告をした。安倍晋三首相は今月7日、東京都の舛添要一知事との会談の中で「しっかり対処しなくてはならない」と対策を検討する考えを示した。【松井豊、後藤由耶】
 ◇ネットに再三の暴言 李さん「家族も傷付いた」

 「朝鮮ばばあ」。インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」や動画サイトでは、李信恵さんに対する発言がしつこく繰り返されてきたという。これに同調し、ネット上には「サッサと朝鮮へ帰れ」などの匿名による「ヘイトスピーチ」があふれ返り、昨年には李さんへの殺害予告もあった。「私だけでなく家族も友人も傷つき、悲しい気持ちでいっぱい」と言葉を詰まらせる。

李さんは在日朝鮮人1世の父と、2世の母を持つ。ネット上のニュースサイトでライターをし、東京・新大久保や大阪・鶴橋で広がるヘイトスピーチについて批判的な記事を複数書いてきた。これが、在特会の支持者らの攻撃の的になり、李さん側がネット上で反論。差別的な攻撃がさらに強まっていったという。

 今年初めには、ネット上で母親への批判的な書き込みを見つけた長男(15)が「あんなことを言われ、僕も傷ついている」と泣いた。

 国内ではヘイトスピーチを直接規制する法律がなく、李さんは自分が動かない限り状況は変わらないと提訴を決意した。李さんは「この裁判を抑止力にできれば」と話している。【後藤由耶】


李信恵 在特会提訴へ.PNG



ネット上の人種差別的な発言で名誉を傷付けられたとして、在日朝鮮人のフリーライター、李信恵(リ・シネ)(42)=東大阪市=が、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長や在特会に約550万円、また発言を掲載したサイト「保守速報」の運営者に約2200万円の損害賠償を求める訴えを、18日にも大阪地裁に起こす。
専門家によると、在日への「ヘイトスピーチ」を巡り、個人が賠償請求する訴訟は初めてとみられる。
李信恵は在日朝鮮人1世の父と、2世の母を持つ。
サーチナの李信恵が、在特会と保守速報に損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こす。
在特会より保守速報への損害賠償の額が大きい。
しばき隊や在日から殺人予告や脅迫されていた保守速報です。
拙ブログの李信恵の記事を晒して、「こいつ(李信恵)いつ死ぬんですか?」と在日の巣窟となっているブログのコメント欄に在日が書いたので、私も在日達が「日本人の顔を見ていると反吐が出る」「祖国へ帰るから渡航費を日本が出せ」とかいうコメントを晒しました。
私の場合、保守速報から転載という形で、「いつ死ぬんですか」とは一言も書いていないのに、在日の巣窟のブログは酷かった。
在日のコメントを見て、私の書いた記事を晒しました。
李信恵がターゲットにしたのは、私が運営する葉月のタブーではなく、在特会と保守速報です。
私も、在日を怒らせるような記事が書き辛くなるでしょう。






李信恵 이(리)신혜 @rinda0818
ヘイトスピーチネット発言、在特会を提訴 在日朝鮮人ライター、18日にも - 毎日新聞 http://mainichi.jp/shimen/news/20140815ddm041040063000c.html





李信恵 이(리)신혜 @rinda0818
.@MinoruSawada さんの「毎日新聞2014年08月15日朝刊記事「ネット発言、在特会を提訴 在日朝鮮人ライター、18日にも」をめぐる金明秀氏による論評」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/706650



「日本は日本人だけの国じゃない!」と主張する女性




参考

李信恵の記事を「こいつまだ死んでないのか?」と余所のブログのコメント欄で晒し上げた在日!私は「いつ死ぬんですか」と一言も書いてない!そのコメントを取り上げた極悪非道なブログを晒し上げ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/395076634.html
ラベル:在日朝鮮人
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック