2014年08月14日

認可保育園が定員外保育で裏金2億円…14施設で、職員同士の飲食や園長が私的流用の事例も

認可保育園が定員外保育で裏金2億円…14施設で、職員同士の飲食や園長が私的流用の事例も

定員外保育で裏金2億円…14施設で、飲食にも
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140813-OYT1T50163.html?from=ytop_main9
2014年08月14日 07時37分

新潟、兵庫、福岡、長崎の4県にある14の認可保育園が、「私的契約」という形で定員を超える計約300人の園児を預かり、総額約2億円の保育料を得ていたことが13日、県や政令市などが2009〜13年度に行った特別監査で明らかになった。

 定員超過は厚生労働省の通知で禁じられており、県などは保育園を運営する社会福祉法人に対し、社会福祉法に基づいて適正な会計処理や責任者の処分を求める改善命令などを出した。14園の中には、超過分の保育料を裏金としてプールし、職員同士の飲食に使ったり、園長が私的流用したりした事例もあった。

 認可保育園の場合、入園などの手続きは市区町村が窓口になっており、市区町村は家庭環境や居住地などを考慮し、入園先を決める。だが、定員割れしている園に関しては、保護者と園側が直接話し合い、入園させることができる。14園は定員を満たしていたにもかかわらず、私的契約という形で県などに報告しないまま園児を受け入れていた。




新潟、兵庫、福岡、長崎の4県にある14の認可保育園が、「私的契約」という形で定員を超える計約300人の園児を預かり、総額約2億円の保育料を得ていたことが13日、県や政令市などが2009〜13年度に行った特別監査で明らかになった。
14園の中には、超過分の保育料を裏金としてプールし、職員同士の飲食に使ったり、園長が私的流用したりした事例もあった。
定員超過は厚生労働省の通知で禁じられいるというのに、超過分の保育料を裏金としてプールし、職員の飲食に使ったり、園長が私的に流用するとは。
私的契約という形で県などに報告しないまま園児を受け入れていた。
認可保育園のあり方が問われますね。
ラベル:事件
【関連する記事】
posted by hazuki at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック