2014年08月10日

韓国「犬に犬肉を食べさせたらどうなる?」 鬼畜過ぎる番組が過去に放送されてた

韓国「犬に犬肉を食べさせたらどうなる?」 鬼畜過ぎる番組が過去に放送されてた
http://getnews.jp/archives/640064
2014.08.08 06:00 記者 : ソル カテゴリー : エンタメ


犬に犬肉を食べさせたらどうなる?.PNG
犬に犬肉を食べさせたらどうなる?1.PNG

韓国で過去に放送されていた『代行マン』という番組。視聴者の疑問などに答えるという日本で言うところの『探偵ナイトスクープ』の様な番組。この番組でかなり昔に公開されていたのが、「鶏に鶏肉を、犬に犬の肉を与えれば食べるのか」という内容。つまり動物に同族の肉を与えたら食べるのかという実験である。

最初に行った実験は鶏肉。ニワトリたちの前に置くが興味を示さず、結局食べることは無かった。そもそもニワトリって肉を食べるの? そして次の実験は犬に犬肉料理であるポシンタンを食べさせたらどうなるのかという実験。

1匹目の犬は結局吠えるだけで食べなかったが、2匹目の犬は完食してしまったというのだ。そんな今では考えられない内容の番組が過去に放送されていたのだ。もちろんひと昔前の番組であり、今これを放送したら韓国内からも非難を浴びていただろう。

その番組の動画は『YouTube』に公開されており下記URLから見ることが可能。

鶏に鶏肉を、犬に犬の肉を与えれば食べるのか(YouTube)
http://youtu.be/b3f_dnO-XBY


대신맨 닭에게 닭고기를, 개에게 개고기를 주면 먹을까


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]



韓国で過去に放送されていた「代行マン」という番組。
この番組でかなり昔に公開されていたのが、「鶏に鶏肉を、犬に犬の肉を与えれば食べるのか」という内容。
つまり動物に同族の肉を与えたら食べるのかという実験。
犬に犬肉料理であるポシンタンを食べさせたらどうなるのかという実験。
1匹目の犬は結局吠えるだけで食べなかったが、2匹目の犬は完食してしまった。
そんな番組が過去に放送されていた。
韓国では犬を食べる料理があることは知っていますよ。
犬食文化があって、ポシンタンが有名だそうですね。
犬に犬の肉を食えとは、人間に人肉を食えというようなもの。
畜生です。
韓国とは、こんな国。



ポシンタン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3

ポシンタン(補身湯、ほしんとう)とは犬の肉を使用した朝鮮半島の料理で、言葉通りに体に栄養を補うスープを意味している。もとの名はケジャンクク(개장국、ケは犬を、ジャンククは辛味のスープを意味)である。1980年代序盤、犬の食用を禁じた当局の取り締まり[1]を避けるため、よく知られていた補身湯という名称を伏せるために作られた別名称が存在する。これらはいずれも韓国での呼び名で、韓国においては犬肉を野菜とともに煮込んだスープが出されるが、北朝鮮では犬肉を「タンコギ」(단고기、「甘い肉」の意)と呼ぶ。

朝鮮において、犬の肉は伝統的な料理の一つであるが、犬の肉を食べることが稀である日本や欧米では理解されず、「野蛮」であるとして批判された。これらの事情から、ソウルオリンピックや2002 FIFAワールドカップの際にはこれを扱う食堂は表通りから一時一掃されたが、2008年頃からでは再び増加している[2]。

2000年代後半時点において、韓国では年間200万頭の犬肉を消費しているという調査結果もある[3]。
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック