2014年08月09日

お菓子が韓国人を差別? 「日本製品には良い材料が、韓国のものには…」

お菓子が韓国人を差別? 「日本製品には良い材料が、韓国のものには…」
http://japanese.joins.com/article/656/188656.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|inside_right
2014年08月07日13時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

MBC(文化放送)の時事教養番組『不満ゼロ』が菓子が内需用と海外販売によって違いがあるという点を報道した。

6日放送されたMBC『不満ゼロUP』では韓国内の製菓メーカーの海外販売されている菓子と内需用菓子の差別問題を暴露した。

韓国と日本で販売されている同じメーカーの同種のチョコレート製品の量と価格を比較した結果、2000ウォン(約198円)と200円で価格がほとんど同じにもかかわらず、韓国製品(12個入り)が日本製品(24個入り)よりチョコレートの量が半分に過ぎないことが明らかになった。

理由は包装紙の差だ。内部の包装材の体積を増やして過大包装をしたのだ。包装だけでなく成分も違った。あるチョコレート製品の場合、日本メーカーではカカオバターを使っているが韓国メーカーではカカオバターの代わりに価格が安い植物性油脂を使っていた。




MBC(文化放送)の時事教養番組「不満ゼロ」が菓子が内需用と海外販売によって違いがあるという点を報道した。
韓国と日本で販売されている同じメーカーの同種のチョコレート製品の量と価格を比較した結果、2000ウォン(約198円)と200円で価格が殆ど同じにも関わらず、韓国製品(12個入り)が日本製品(24個入り)よりチョコレートの量が半分に過ぎないことが明らかになった。
内部の包装材の体積を増やして過大包装をした。
包装だけでなく成分も違った。
あるチョコレート製品の場合、日本メーカーではカカオバターを使っているが韓国メーカーではカカオバターの代わりに価格が安い植物性油脂を使っていた。
チョコレートの内部の包装材の体積を増やして課題包装、カカオバターを使わずに安価な植物性油脂というのが、韓国のチョコレート。
ロッテのチョコレートの水増しが良い例だろう。
熱帯雨林を破壊してヤシ油を混ぜて、チョコレートを他社の2倍作るので、カカオが余らない為、ロッテにココアは無い。



「ロッテ」の正体

森永、明治、ネッスルからはココアが商品として出ている。
ロッテにココアは無い
それは…

ロッテのチョコレート
ロッテは同じ原料で、明治・森永・ネスレの2倍のチョコレートを作る。

カカオ豆をすり潰して油を絞ると、カカオバター/1とカカオ/2が出来る。
カカオバターとカカオを1:1に混ぜて練ると、チョコレートが出来て、カカオ1が余る。これが「ココア」になる。

ロッテはカカオバターとカカオ1:2に、ヤシ油/1を混ぜてチョコレートを作る。
チョコレートは他社より2倍出来、カカオは余らない。
ロッテはぼろ儲けの天才
ロッテ ガーナチョコ
森永 ミルクチョコ
明治 ミルクチョコ
の中で「熱帯雨林を破壊して生産する」ヤシ油が入っているのはロッテだけ。

ロッテの会長曰く「日本で稼いだ金を韓国に投資しまくったけど、韓国で稼いだ金を日本にやる気はない」
粗悪チョコを売って日本人から吸い上げた金を祖国韓国に垂れ流して「ロッテ財閥」を作る。
我々日本人が外国相手に苦労して稼いだ金を利用して、祖国韓国では「ロッテホテル」「ロッテ百貨店」「ロッテワールド」等を手広く展開。

韓国内では、ロッテマートやロッテ百貨店で「独島Tシャツ」を販売して
「愛・独島」キャンペーンを主催し
韓国人を煽って反日活動を支援する。

韓国内では「ペペロ」「カンチョ」「ゼック」その他「ウコンの力」「ポポロン」など 数え切れないほどの日本製菓メーカーの商品をパクリまくる。
ロッテは、良心的な製法を守る日本メーカーに大損害を与えているのだよ。


ロッテ虫入り菓子.PNG


【衝撃】 韓国のお菓子が 日本のお菓子を パクりまくってた件 (画像あり) wwwwwwwwww(転載記事)
http://fesoku.net/archives/6772636.html




参考

ロッテの正体
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/276632653.html
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック