2014年08月09日

[期限切れ鶏肉問題] 櫻井よしこ氏 期限切れ鶏肉輸出の中国人は「懲りない人々」

[期限切れ鶏肉問題] 櫻井よしこ氏 期限切れ鶏肉輸出の中国人は「懲りない人々」

櫻井よしこ氏 期限切れ鶏肉輸出の中国人は「懲りない人々」
http://www.news-postseven.com/archives/20140809_269411.html
2014.08.09 07:00

中国の覇権主義が東アジアの安全保障を脅かしている。対外的には東に南に海洋進出を進め、国内では少数民族の虐殺を繰り返し、民主化運動を弾圧する。ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「習近平体制下で、それらの侵略・弾圧は加速した」と指摘する。“猛毒”を吐き散らす無法な隣国にどう立ち向かうべきか、櫻井氏が提言する。

 * * *
 本当に懲りない人々です。中国・上海の食品加工会社が期限切れの腐った鶏肉を使ってチキンナゲットを生産し日本に出荷していたことが判明して、大騒ぎとなっています。

 中国食品の問題は、かつての毒入りギョーザなど幾度も事件が起きましたが、改善の兆しさえ見られません。

 私自身、北京のホテルに宿泊する時には、朝食でねじり揚げパンを好んで食べていましたが、その生地に洗剤が混入していることがニュースになりました。洗剤を加えると揚げた時によく膨らんで色が白くなり美味しそうに見えるというのです。そのニュースを聞いて以来、中国取材の時は、なるべく食べないようにしています。

 日本人には考えられない非常識な食品汚染を山ほどやってのけるのはなぜか。一連の食品問題を理解するには、中国人と中国文化の根底にある価値観を見なければなりません。

 それは、「人を蹴落としても儲かればいい」「他人がどうなろうと自分さえよければいい」という価値観です。

 そうした自己中心の考え方が深刻な水質汚染や、日本にも悪影響を及ぼしているPM2.5を初めとする大気汚染を作り出しています。先進国では工場に排気や排水の浄化装置を付けるのは常識ですが、そうするとコストがかかってしまうため「つけなくていい」「環境汚染など知ったことではない」という決断をしてしまうのです。

 中国の知人がよくいうことは、「他人を押し退けなければ生きていけない。人に優しくしたり相手のことを慮ったりすることは自らの破滅につながってしまう。社会がそうさせるのです」という社会の厳しさです。

 そのような価値観は中国の歴史から生まれていると思います。習近平主席は中国5000年の歴史といいますが、中国の国土は様々な民族が入れ替わり立ち替わり侵入して王朝を立て、そのたびに前の王朝を否定して殺戮を繰り返してきた土地です。他者を蹴落として自分が生き残るというのが中国の歴史にある構図ではないでしょうか。

 中国はまだ先進国ではないのです。国際社会、自由主義社会の常識が通用しません。中国の根底にある自己中心の考え方を念頭に置いてみると、多くの問題の本質が見えてきます。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号


中国産鶏肉問題.PNG



中国食品の問題は、かつての毒入りギョーザなど幾度も事件が起きましたが、改善の兆しさえ見られない。
「私自身、北京のホテルに宿泊する時には、朝食でねじり揚げパンを好んで食べていましたが、その生地に洗剤が混入していることがニュースになりました。洗剤を加えると揚げた時によく膨らんで色が白くなり美味しそうに見えるというのです。そのニュースを聞いて以来、中国取材の時は、なるべく食べないようにしています。」と櫻井よしこさん。
一連の食品問題を理解するには、中国人と中国文化の根底にある価値観を見なければならない。
「人を蹴落としても儲かればいい」「他人がどうなろうと自分さえよければいい」という価値観。
自己中心の考え方が深刻な水質汚染や、日本にも悪影響を及ぼしているPM2.5を初めとする大気汚染を作り出している。
毒ギョーザ事件以来、冷凍食品を買わないようにしている人も多いです。
ねじり揚げパンに洗剤を加えると、よく膨らんで色が白くなり美味しそうに見えるとは、流石、シナの感覚。
中国産は恐ろしいですね。



読売新聞の報道です。


中国産タマネギ、基準値超える農薬検出…厚労省
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140808-OYT1T50163.html?from=ytop_ylist
2014年08月08日 22時33分

厚生労働省は8日、中国産タマネギから、基準値を超える農薬「チアメトキサム」が検出されたと発表した。

 東京都と神戸市の業者が7月に輸入した17・5トンと12トンの「生鮮たまねぎ」で、検疫所が調べたところ、基準値(0・01ppm)を超える0・07ppm、0・03ppmがそれぞれ検出された。一部は流通しているが、これまでのところ、健康被害の報告はないという。

 厚労省によると、体重60キロの人が、チアメトキサムが0・07ppm残るタマネギを毎日約15キロ・グラム食べ続けても、健康に影響はないという。



「毒ギョーザ事件」チャンネル桜「報道ワイド日本」より




参考

[期限切れ鶏肉問題] 中国の期限切れ腐肉 相手が日本人なら食べさせたいとの感覚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403272195.html

[期限切れ鶏肉問題] 上海福喜食品勤務男性 肉が落ちても床はキレイだから大丈夫
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403225526.html

マックだけじゃない、外食業が嵌った「低価格競争のワナ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403092226.html

[期限切れ鶏肉問題] マクドナルドは、商品ごとに原産地公表するとサラ・カサノバ社長が陳謝
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402857406.html

[期限切れ鶏肉問題] ファミリーマート「今後、中国産食材を厳選して調達する」!不買決定!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402749445.html

期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」!日本マクドナルド、ナゲットの約2割を期限切れ肉使用の工場から購入!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402328947.html
ラベル:櫻井よしこ
【関連する記事】
posted by hazuki at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック