2014年08月08日

ふるさと納税拡充へ、来年度から 税金軽減上限を倍に

ふるさと納税拡充へ、来年度から 税金軽減上限を倍に
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080701001483.html

政府は、故郷や応援したい自治体を財政面で支援する「ふるさと納税制度」を2015年度から拡充する方針を固めた。居住地における税金軽減額の上限を倍にすることや関連手続きの簡素化が柱。政府関係者が7日、明らかにした。安倍晋三首相が掲げる「地方創生」に向けて設置する「まち・ひと・しごと創生本部」で検討。年末に取りまとめる15年度税制改正大綱に反映させる。来年春の統一地方選をにらみ、地方重視の姿勢をアピールする狙いがある。

 ふるさと納税は、現在の居住地以外の自治体に2千円を超す額を寄付すれば、居住地の個人住民税や所得税が控除される仕組みで、08年に始まった。
2014/08/07 21:06 【共同通信】




政府は、故郷や応援したい自治体を財政面で支援する「ふるさと納税制度」を2015年度から拡充する方針を固めた。
居住地における税金軽減額の上限を倍にすることや関連手続きの簡素化が柱。
生まれ故郷や応援したい自治体などに寄付をすると、居住地の個人住民税などが軽減される仕組みのふるさと納税は、確定申告が必要になりますので、関連手続きの簡素化は当然の流れですね。



ふるさと納税手続き簡素化へ=官房長官
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0730/jjp_140730_1858058443.html
時事通信 7月30日(水)14時48分

菅官房長官はインタビューに応じ、秋の臨時国会で焦点となる地方活性化に関し、ふるさと納税の「手続きの簡素化(をしたい)」との方針を表明した。寄付した自治体で手続きを完結させることで同納税を促進する意向。



参考

ふるさと納税、控除の上限「2割」に拡大を検討 菅官房長官が見解
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/401216994.html
ラベル:ふるさと納税
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック