2014年08月07日

ずさん管理で長崎原爆写真廃棄 閉館の米博物館

ずさん管理で長崎原爆写真廃棄 閉館の米博物館
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080701000854.html

【ニューヨーク共同】米中西部イリノイ州の「シカゴ平和博物館」(閉館)に寄贈され、長崎の被爆翌日を伝える貴重な写真約60枚がずさんな保管で冠水、損傷し、数年前に廃棄されていたことが6日、関係者の話で分かった。

 写真は旧日本軍に所属し、1966年に亡くなった写真家、山端庸介さんが撮影。息子の祥吾さん(67)が現在も所有するネガから現像した写真を持っていた米国の知人が90年代に寄贈した。「治療の順番を待つ母子」「炊き出しのおにぎりを持つ母と子」などの有名な写真も含まれ、祥吾さんは「残念としか言いようがない」と話している。
2014/08/07 14:04 【共同通信】




米中西部イリノイ州の「シカゴ平和博物館」(閉館)に寄贈され、長崎の被爆翌日を伝える貴重な写真約60枚がずさんな保管で冠水、損傷し、数年前に廃棄されていたことが6日、関係者の話で分かった。
所詮、アメリカなんて、こんなものですよ。
広島や長崎の原爆投下の意味を理解していない。
アメリカの洗脳が功を奏し、反日韓国のK-POPの新人が日本人をJAP呼ばわり。
日本人としては、残念どころか許せないですね。



1945年 広島長崎 原爆投下 Hiroshima Nagasaki atomic bomb
ラベル:米国
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック