2014年08月04日

中国の格安航空会社、春秋航空の傘下日本会社春秋航空日本株式会社が日本国内便に就航

中国の格安航空会社、春秋航空の傘下日本会社春秋航空日本株式会社が日本国内便に就航

春秋航空日本が日本国内便に就航−新華網
http://www.xinhuaxia.jp/social/42725
2014年08月04日 13時43分

新華網】 中国の格安航空会社(LCC)春秋航空の傘下日本会社春秋航空日本株式会社が日本国内便に就航し、春秋航空は初めて海外に格安航空会社を開設した中国民間企業となった。

春秋航空日本は成田−高松、成田−広島、成田−佐賀の3路線の日本国内線に就航した。成田−広島、成田−佐賀線は毎日2往復航空便を運行し、成田−高松線は毎日1往復航空便を運行する。目標搭乗率は70%−80%に定めた。

春秋航空日本はボーイング737型機を投入し、航空路の拡充につれて2017年までに20機に増やす計画だ。

春秋航空日本の鵜飼博社長「待ちに待った就航ができた。安全運行と親身なサービスを通じて客様の信頼を得ていきたい」と述べた。

春秋航空日本は昨年12月に日本政府の許可を得て今年5月に就航する計画だったが、運行審査の問題で就航日を2回も延ばした。

春秋航空日本株式会社の登録地は日本関東地域の千葉県。日本の外資法に基づいて春秋航空の出資額は33%しか占めず、残りの67%は約10社の日本企業が出資した。格安航空会社はアジアで急成長しており、ジェットスター航空、ピーチ・アビエーション、バニラエアなどが日本で運行している。

(翻訳 崔蓮花)


中国の格安航空会社・春秋航空日本.PNG



中国の格安航空会社(LCC)春秋航空の傘下日本会社春秋航空日本株式会社が日本国内便に就航し、春秋航空は初めて海外に格安航空会社を開設した中国民間企業となった。
春秋航空日本は成田−高松、成田−広島、成田−佐賀の3路線の日本国内線に就航した。
目標搭乗率は70%−80%に定めた。
春秋航空日本株式会社の登録地は日本関東地域の千葉県。
とうとう、中国のLCC春秋航空日本が日本国内便に就航。
ボーイング737による航空事故があったようですが、安全性は問題ないのかな?
常に、乗客・乗員が無事であることを祈ります。



Category:ボーイング737による航空事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0737%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BA%8B%E6%95%85
ラベル:春秋航空日本
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック