2014年08月02日

初心者ハッカーも可能、ルーター攻撃多発

初心者ハッカーも可能、ルーター攻撃多発
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140801-OYT1T50196.html?from=ytop_top
2014年08月02日 03時34分

インターネットに複数の端末をつなげられる家庭用ルーターを悪用する新たなサイバー攻撃があり、ネットが利用できなくなる通信障害が今春以降、多発していることが分かった。

 少なくとも480万世帯が通信障害の影響を受けており、総務省は悪用されるルーターの利用者に対し、ソフトを更新するよう呼び掛けている。

 この攻撃は「DNSアンプ攻撃」と呼ばれ、大量にデータを送りつけてサーバーを使えなくするDDoS(ディードス)攻撃の一種。

 一部の家庭用ルーターが、本来受け付けない外部からの通信に応答してしまう弱点を悪用し、攻撃者がそのルーター経由でプロバイダーのサーバーにデータを送ると、データが数十倍に増幅される。これを繰り返してサーバーに過大な負荷を与え、ネット利用を一定期間できなくさせる。高度な技術を必要としないため、初心者ハッカーの腕試しではないかとみられている。

 今年5月末以降、この攻撃による通信障害を明らかにしたプロバイダーは、ジュピターテレコム(JCOM、東京都千代田区、利用者282万世帯)、ケイ・オプティコム(大阪市、150万世帯)、アルテリア・ネットワークス(東京都港区、56万世帯)、DTI(渋谷区、非公表)などがある。このほか昨年8月には、NTTコミュニケーションズ(千代田区)が運営する最大手の「OCN」(815万世帯)でも、約40分間にわたってネット利用ができなくなった。

 民間団体の調査によると、悪用される弱点を持つルーターなどは国内に約54万台あり、うち9割は家庭用とみられる。ルーター大手のバッファロー(名古屋市)が昨年に出荷した一部製品にも弱点があり、同社がソフト更新を呼び掛けている。

 この攻撃を受け、総務省は今年4月、プロバイダーが通信を遮断しても電気通信事業法に違反しないとする見解をまとめた。

 サイバー攻撃に詳しい中京大の鈴木常彦教授(ネットワークセキュリティー)は「攻撃者が弱点のあるルーターを一斉に攻撃すると、日本中のネットをダウンさせることも可能だ。深刻な脅威で、ほかの利用者に迷惑をかける恐れがあり、利用者は早急に更新すべきだ」と指摘している。


ルーターを狙った攻撃.PNG



ネットに複数の端末を繋げられる家庭用ルーターを悪用する新たなサイバー攻撃があり、ネットが利用出来なくなる通信障害が今春以降、多発していることが分かった。
少なくとも480万世帯が通信障害の影響を受けており、総務省は悪用されるルーターの利用者に対し、ソフトを更新するよう呼び掛けている。
DNSアンプ攻撃と呼ばれるDDoS攻撃の一種。
一部の家庭用ルーターが、本来受け付けない外部からの通信に応答してしまう弱点を悪用。
ルーター大手のバッファロー(名古屋市)が昨年に出荷した一部製品にも弱点があり、同社がソフト更新を呼び掛けている。
しかし、バッファローが昨年出荷した一部製品に弱点があるとは、やはりバッファローだな。
バッファローの外付けハードディスクがデータの吸い上げが悪く、壊れ易いのには、理由がある。
ブログでは、晒さない。
何処かの国が関わっているのではないの?


【関連する記事】
posted by hazuki at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック