2014年07月31日

障害年金、カルテ喪失でも証言で認定 大阪地裁、国の却下処分取消し

障害年金、カルテ喪失でも証言で認定 大阪地裁、国の却下処分取消し
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140731/waf14073121080027-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140731/waf14073121080027-n2.htm
2014.7.31 21:08

診断書がなく初診日が特定できないのを理由に障害厚生年金の給付請求を却下したのは違法だとして、進行性の難病で視覚障害を持つ兵庫県の60代の女性が、国に却下処分の取り消しを求めた訴訟の判決が31日、大阪地裁であった。田中健治裁判長は「客観的な資料がなくても、本人や第三者の記憶に基づく証言で初診日の認定は可能」とし、国に年金の支給を命じた。

 判決によると、女性は昭和62年1月に県内の眼科で難病と診断され、徐々に病状が悪化。平成21年に別の病院で右目が失明状態、左目は視力が0・02と診断され、国に年金給付を請求した。

 女性が厚生年金に加入していたのは昭和58年11月〜62年4月で、初診日が加入期間中であることが支給要件だったが、7年の阪神大震災で自宅が半壊して眼科の診察券を紛失。カルテも残っておらず、国は初診日が特定できないとして請求を却下した。23年2月の再審査請求では、初診時に病状を相談した知人2人と眼科医の証言を書面で提出したが、国は「客観性がない」と認めなかった。

 田中裁判長は判決理由で「初診日を判断する資料の種類について法令は特段の限定をしていない」と指摘。知人と眼科医の証言には信用性があり、初診日が62年1月と推認できるとして、請求翌月の21年12月以降の支給を命じた。支給額は数百万円に上るとみられる。

原告側代理人は判決後に会見し、「進行性の傷病は初診から20年以上経って障害の程度が重くなることもあり、初診日の証明が難しい。国は認定行政を改めるべきだ」と批判した。

 厚生労働省は「主張が認められず、厳しい判決。今後は判決内容を精査し、関係省庁と協議の上、適切に対処する」としている。

 障害厚生年金 厚生年金の加入期間にかかった傷病やけがにより、障害が残った場合に給付が受けられる。厚生年金の加入期間に初診日があることや、初診日の時点で65歳未満であることなどが支給要件。初診日から1年半後までに障害等級が1〜3級に該当した人に支給されるが、障害が徐々に進行して1〜3級に至る「事後重症」のケースも支給対象になる。




診断書がなく初診日が特定出来ないのを理由に障害厚生年金の給付請求を却下したのは違法だとして、進行性の難病で視覚障害を持つ兵庫県の60代の女性が、国に却下処分の取り消しを求めた訴訟の判決が31日、大阪地裁であった。
田中健治裁判長は「客観的な資料がなくても、本人や第三者の記憶に基づく証言で初診日の認定は可能」とし、国に年金の支給を命じた。
障害者になってしまった場合、初診日を障害者年金の手続きの際、届ける必要がありますが、第三者の記憶に基づく証言で初診日の認定は可能という判決は、障碍者側の主張が通ったものです。
「厚生労働省は「主張が認められず、厳しい判決。今後は判決内容を精査し、関係省庁と協議の上、適切に対処する」としている。」とは、何じゃ?
原告側代理人は判決後の会見で、「進行性の傷病は初診から20年以上経って障害の程度が重くなることもあり、初診日の証明が難しい。国は認定行政を改めるべきだ」と批判したのが障害者認定に関しては正しいと思いますよ。
原告勝訴。



障害年金
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%B9%B4%E9%87%91

障害年金(しょうがいねんきん)とは、国民年金法、厚生年金保険法等に基づき、疾病又は負傷(傷病)によって、一定程度の障害の状態になった者に対して支給される公的年金の総称である。本項では同法に定める一時金についても取り扱う。

労働災害(労災)の際に支給される年金(障害補償給付・障害給付)については、労働者災害補償保険(労災保険)の項を参照。
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック