2014年07月30日

父弁護士、母東大…佐世保・逮捕少女を育てたエリート一家

父弁護士、母東大…佐世保・逮捕少女を育てたエリート一家
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/152209
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/152209/2
2014年7月30日

長崎県の佐世保北高校1年、松尾愛和さん(15)を殺害した容疑で逮捕された同級生のA子(16)は、誰もがうらやむ“エリート一家”に生まれ育った。

 県内でも有数の進学校に通っていたA子。友人からは勉強だけでなくスポーツや芸術にもたけた「文武両道」とみられていたが、それには両親の英才教育があったという。

「A子には弁護士の父親と、教育委員会にも関わっていた母親、それに同じ高校に通っていた兄がいました。父親は早大を卒業後、司法試験に受かり、今では県内でも最大級の事務所を構え、有名企業の顧問弁護士も務めている。母親は東大を出て、地元の放送局に勤めていたそうです。NPO法人の代表を務めたり、出版活動も行っていました」(地元マスコミ関係者)

 兄も全国統一高校生テストで上位2ケタに入るほどの秀才。地元でも有名なエリート一家だったという。A子は「お兄ちゃんが総理大臣になるって言っているから、私はNHKのアナウンサーになる」と話していた。

「A子は勉強だけではなくてスポーツも万能で、ウインタースポーツで国体に出た経験もある。他にも県の美術展とかピアノコンクールで入賞するなど、将来を期待されていたんです」(前出の地元マスコミ関係者)

■父親は半年で再婚

 そんな優雅な生活も昨秋に母親ががんで亡くなってから一変。父親は半年で再婚し、A子は今年4月から家賃5万円台のマンションで一人暮らしをしていた。「お母さんが亡くなって、すぐにお父さんが別の人を連れてきた。お母さんのこと、どうでもいいのかな」と話すなど落ち込んだ姿を見せていたというA子は、父親を金属バットで殴り、大けがを負わせていたことも分かった。

「実はA子は過去にも小動物を解剖するといった“奇行”を繰り返していた。小学生の時には、学校の給食に塩素系洗剤を投入するという“事件”も起こしている。担任には<バカにされたからやった>と話していたそうですが、A子の母親が<A子は悪くない>と相当抗議したそうです。そのためか、この事件は全く報道されませんでした」(捜査事情通)

 高台の高級住宅街で暮らしていた幸せなエリート一家は“バラバラ”になってしまった。




長崎県の佐世保北高校1年、松尾愛和さん(15)を殺害した容疑で逮捕された同級生のA子(16)は、誰もがうらやむエリート一家に生まれ育った。
県内でも有数の進学校に通っていたA子。
友人からは勉強だけでなくスポーツや芸術にもたけた「文武両道」とみられていたが、それには両親の英才教育があったという。
被害者を殺害した上に、遺体を切断する精神異常の加害者のA子(16)は、親が育て方を間違ったと思います。
父親は弁護士。
母は東大を出て、地元の放送局に勤めていた。
NPO法人の代表を務めたり、出版活動も行っていた。
母親が癌で亡くなってから一変。
父親は半年で再婚し、A子は今年4月から家賃5万円台のマンションで一人暮らしをしていた。
子供の世話や教育に時間を掛けずに、親は自分達のことばかりでいっぱいで、子供の変化に危機感を持たなかったのですかね。



佐世保事件【閲覧注意】佐世保高1女子高生切断殺人事件 犯行直後の投稿と思われた画像だが‥‥
ラベル:殺人容疑
【関連する記事】
posted by hazuki at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック