2014年07月30日

日本新聞協会、5%の軽減税率を要望

日本新聞協会、5%の軽減税率を要望
http://www.j-cast.com/2014/07/30211839.html
2014/7/30 12:39

自民、公明両党の与党税制協議会は2014年7月29日、生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率制度をめぐり、日本新聞協会など関係団体にヒアリングを行った。

報道によると、日本新聞協会の白石興二郎会長は会合後「新聞は日本人の知識水準の維持や向上、文化の発展、民主主義社会を守る重要な必需品だ」と強調。消費税率が10%に引き上げられる際、新聞に5%の軽減税率を適用するよう求めた。


日本新聞協会の前会長の朝日新聞の秋山耿太郎
秋山耿太郎.PNG



日本新聞協会の白石興二郎会長は会合後「新聞は日本人の知識水準の維持や向上、文化の発展、民主主義社会を守る重要な必需品だ」と強調。
消費税率が10%に引き上げられる際、新聞に5%の軽減税率を適用するよう求めた。
朝日新聞の前会長の秋山耿太郎の時代から主張していることです。
現在は読売新聞の白石興二郎が会長です。
朝日新聞には、軽減税率5%の適用の必要はないですね。
そもそも、新聞は、広告のチラシとテレビ欄しか読まない人だって沢山います。
新聞は、必ずしも生活必需品ではない。




参考

新聞協会、石破氏に軽減税率適用を要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/314164395.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック