2014年07月26日

韓国と摩擦の恐れ、竹島文書など一部不開示の判決(東京高裁)

韓国と摩擦の恐れ、竹島文書など一部不開示の判決(東京高裁)

韓国と摩擦の恐れ…竹島文書など一部不開示判決
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140726-OYT1T50013.html?from=ytop_top
2014年07月26日 09時10分

1951年から65年にかけての日韓国交正常化交渉に関する外交文書について、日韓の市民団体メンバーが国に全面開示を求めた訴訟の控訴審判決が25日、東京高裁であった。

 高世三郎裁判長は、島根県・竹島の問題などに関する文書について、「開示すれば韓国との無用な摩擦が生じ、日本が不利益を被る恐れがある」と指摘。1審・東京地裁判決が開示を命じた文書のうち48か所については、国の主張を認めて開示を取り消す判決を言い渡した。

 問題となったのは、戦後補償や竹島問題、朝鮮半島の文化財返還に関する日本政府内の検討資料など348文書。市民団体側の情報公開請求に対し、外務省は文書中382か所を不開示としたが、2012年の1審判決は268か所について、「不開示とすべき国の安全確保に関する文書などに当たらない」などとして開示を命じた。




1951年から65年にかけての日韓国交正常化交渉に関する外交文書について、日韓の市民団体メンバーが国に全面開示を求めた訴訟の控訴審判決が25日、東京高裁であった。
高世三郎裁判長は、島根県・竹島の問題などに関する文書について、「開示すれば韓国との無用な摩擦が生じ、日本が不利益を被る恐れがある」と指摘。
1審・東京地裁判決が開示を命じた文書のうち48か所については、国の主張を認めて開示を取り消す判決を言い渡した。
韓国との摩擦を恐れて、1審の東京地裁の開示を命じた文書を一部不開示にする必要はない。
東京高裁の判決は、おかしいだろう。
竹島は日本固有の領土です。
韓国が不法占拠しているのです。



「竹島に関する動画」編 - 外務省が発表した領土保全に関する動画A
【関連する記事】
posted by hazuki at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック