2014年07月21日

外務省が対日イメージ改善狙い中韓系米国人を日本へ招待

外務省が対日イメージ改善狙い中韓系米国人を日本へ招待

中韓系米国人を日本へ招待 対日イメージ改善狙い
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072101001272.html

中韓系米国人を日本へ招待 対日イメージ改善狙い

 外務省は、米国の政財界で活躍する日系米国人の日本への招待事業を2014年度に拡充し、中国系、韓国系を中心にアジア系全体へ広げる方針を固めた。政府関係者が21日、明らかにした。歴史認識問題などをめぐり、中韓系米国人が米国を舞台にした「日本批判」を展開していることが念頭にある。日本側との幅広い交流を促進することで、イメージ改善の一助とするのが狙いだ。

 招待の対象となるのは、米地方州の議員や会社経営者、研究者らで、早ければ今秋スタートさせる。将来のパイプづくりを意識し、30〜50代に参加を呼び掛ける方針だ。
2014/07/21 16:32 【共同通信】




外務省は、米国の政財界で活躍する日系米国人の日本への招待事業を2014年度に拡充し、中国系、韓国系を中心にアジア系全体へ広げる方針を固めた。
中韓系米国人は、米国で反日活動しているというのに、税金の無駄遣いとしか言いようがない。
中韓系米国人にイメージ改善を望んでも、反日活動は続くと思います。
ラベル:外務省
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック