2014年07月16日

パチンコ税構想、自治体の判断に…自民税調会長

パチンコ税構想、自治体の判断に…自民税調会長
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140716-OYT1T50130.html?from=ytop_ylist
2014年07月16日 19時17分

自民党税制調査会の野田毅会長は16日、東京都内で開かれたシンポジウムに出席し、党内で浮上しているパチンコ税の創設構想について「地方自治体が自己調達する努力があってもいいのではないか」と述べた。

 消費増税で国民負担が増えることから、国税として全国一律に課税するのではなく、自治体の判断に委ねるべきだとの考えを示したものだ。

 消費税については、2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する政府目標を達成するには「(税率が)10%になって、その次の形をどうするかという段階は必ず来る」と指摘。政府が15年10月に予定する10%への引き上げに加え、さらなる増税が必要だとの認識を改めて示した。




自民党税制調査会の野田毅会長は16日、東京都内で開かれたシンポジウムに出席し、党内で浮上しているパチンコ税の創設構想について「地方自治体が自己調達する努力があってもいいのではないか」と述べた。
パチンコ税は、パチンコの合法化です。
消費税については、政府が15年10月に予定する10%への引き上げに加え、さらなる増税が必要だとの認識を改めて示した。
消費税のさらなる増税と来ましたね。
自民党は、最近、碌なことを考えません。




参考

パチンコ税 勝った時だけ課税するのは税の平等原則に外れる(パチンコ税はパチンコの合法化)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/401002530.html

「パチンコ税」創設が浮上 1%で財源2000億円試算
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400041232.html
ラベル:パチンコ税
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック