2014年07月13日

竹島領有の資料、政府が調査へ…証言も保存

竹島領有の資料、政府が調査へ…証言も保存
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140712-OYT1T50159.html?from=ytop_main1
2014年07月13日 10時11分

政府は、竹島(島根県隠岐の島町)が日本固有の領土であることを示す資料の調査に乗り出す。

 終戦直後まで竹島周辺での漁業拠点だった隠岐諸島の住民らの証言も映像で保存し、政府のホームページでの公開を目指す。

 政府の調査は、1952年に韓国の李承晩(イスンマン)大統領(当時)が「李承晩ライン」を設定し、竹島の領有権を主張して以降、初めて。

 島根県が設置する竹島問題研究会は今年、▽漁師が残した日誌や漁具▽政府が竹島のリン鉱石試掘権を住民に与え、課税したことを示す公文書▽竹島最古(明治時代)の写真――などを相次いで確認している。

 政府は、これらの資料が日本の領有権が竹島に及んでいたことを示すものと評価。散逸させないため、一元管理するとともに、新たな資料や証言をまとめることにした。




政府は、竹島(島根県隠岐の島町)が日本固有の領土であることを示す資料の調査に乗り出す。
終戦直後まで竹島周辺での漁業拠点だった隠岐諸島の住民らの証言も映像で保存し、政府のHPでの公開を目指す。
韓国が不法占拠していることが明らかな竹島です。
朗報です。



竹島について
ラベル:竹島
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック