2014年07月07日

大阪市西部は「湾岸区」案 維新、都構想で方針

大阪市西部は「湾岸区」案 維新、都構想で方針
http://www.asahi.com/articles/ASG754HGXG75PTIL00H.html?iref=comtop_list_pol_n03
宮崎勇作、井上裕一 2014年7月6日11時49分

大阪維新の会(代表=橋下徹大阪市長)は、大阪都構想で大阪市を分割して設ける五つの特別区のうち、大阪湾に面する西側の名称を「湾岸区」とする方針を固めた。原案では「西区」だったが、特色を出すために修正。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致など経済成長を引っ張る地域とする狙いがある。

 他の4区は原案通り、「東区」「南区」「北区」「中央区」とする。都構想の案をつくる法定協議会で近く、提案する。

 湾岸区は現在の西淀川、此花、港、大正各区と住之江区の一部が移行する。年間1千万人超が訪れるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)があり、此花区の人工島「夢洲(ゆめしま)」はIRの誘致候補地となる。橋下氏も「東洋のベニス(ベネチア)を目指す」と意気込む地域だ。

 一方で、アジア太平洋トレードセンター(ATC)や旧大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)など大阪市による大型開発が失敗した負のイメージもある。維新幹部は「英語で言えば『ベイサイド』。国際的にもアピールできる」と、都構想への期待感につなげたい考え。拠点となる区役所はATCに置くことも検討している。(宮崎勇作、井上裕一)


大阪都の特別区の名称.PNG



大阪維新の会(代表=橋下徹大阪市長)は、大阪都構想で大阪市を分割して設ける五つの特別区のうち、大阪湾に面する西側の名称を「湾岸区」とする方針を固めた。
カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致など経済成長を引っ張る地域とする狙いがある。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、カジノやホテル、劇場などを集めた統合型リゾート(IR)の運営に参入する方針を明らかにしたばかりです。
もうね、大阪府知事の松井と大阪市長の橋下もカジノ誘致に賛成ですからね。
「夢洲(ゆめしま)」を「東洋のベニス(ベネチア)を目指す」だそうです。




参考

USJ、カジノリゾート参入方針 解禁にらみ企業連合で
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/401137132.html

橋下市長「ラスベガス」視察も 大阪湾・夢洲にカジノ?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/317054824.html
ラベル:大阪都構想
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック