2014年06月30日

「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿

「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿

「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140630/plc14063008560008-n1.htm
2014.6.30 08:56 [安倍首相]

【ロンドン=内藤泰朗】安倍晋三首相は30日付の英紙フィナンシャル・タイムズに、「私の『第3の矢』は日本経済の悪魔を倒す」と題した論文を寄稿し、経済再建なしに財政の健全化はあり得ないと述べて、日本経済の構造改革を断行する考えを表明した。

 首相はまず、改革の例として今年、法人税率を2・4%引き下げたほか、数年で20%台に減らすことを明らかにし、「それは成長を助け、外資を呼び込むことになる」と強調。規制の撤廃のほか、エネルギーや農業、医療分野を外資に開放することを言明した。

 さらに、今年4月の消費税増税でも、「影響は限定的だ」として、少子高齢化社会で経済成長を続けられるか否かについては「すべての国民の協力」と、「女性の社会進出」が重要だとして、「働く母親のために家事を担う外国人労働者の雇用を可能にする」と約束した。

 欧米諸国では、安倍首相が打ち出した「アベノミクス第3の矢」の成長戦略に対し、懐疑的な見方も出てきており、議論を呼ぶことになりそうだ。


安倍晋三3.PNG



安倍首相は30日付の英紙フィナンシャル・タイムズに、「私の「第3の矢」は日本経済の悪魔を倒す」と題した論文を寄稿し、経済再建なしに財政の健全化はあり得ないと述べて、日本経済の構造改革を断行する考えを表明した。
既に、法人税率を2.4%引き下げている。
20%台に減らすことは、外資を呼び込むことになる。
規制の撤廃の他、エネルギーや農業、医療分野を外資に開放する。
「働く母親のために家事を担う外国人労働者の雇用を可能にする」と約束。
構造改革を断行する考えを英紙に寄稿したことは、国民を愚弄している。
外資や外国人を優先ですか。
私の敵は悪魔を倒すって、統一教会の発想ですね。
安倍首相は国民の敵です。
構造改革で日本を明け渡す気です。



マインドコントロール・洗脳の精神医学より転載
http://mctrl.net/

統一教会が駆使するマインドコントロール・洗脳技術
http://mctrl.net/unification-church/manipulation.html

山崎さんの例を見てわかるように、「私だけは絶対に騙されない」と自負するような人でも、結局マインドコントロール・
洗脳にかかってしまうことがあります。

彼女のことから私たちが学ぶことは多いのではないかと思われます。

統一教会は、度々マインドコントロールにより信者をだまし続けている、と報道されています。

しかし、教会外部の人間こそ「サタン」「悪魔」と信じ込ませれば、信者は教会の言うことを信じ続けることになります。

私たちが「あなたは騙されている」と言えば言うほど、「あなたこそ悪魔に洗脳されている」と言って、頑なになっていく、
という構図が目に見えるようです。

しかし、何かのきっかけで、外の世界を教会の人間に邪魔されずに見ることができ、脱会に成功した人たちは沢山います。

その中の人々が、「青春を返せ裁判」という訴訟を起こしました。

時は1987年、まだ私たちの中に、マインドコントロール・洗脳という概念が乏しかった時代のことです。

そこには、次第に「信仰の自由の侵害」「神の名の下での財産没収」を主張する元信者らが集まってきて、全国各地で
同じような訴訟が起こされるようになりました。

現在までに、多くの事例で統一教会の敗訴が確定しています。

しかし、何のきっかけにも恵まれずに教会での信仰を守り続けている人たちがまだ大勢いて、抜本的な解決には
至っていないことも事実です。
ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック