2014年06月27日

海外からのネット配信も消費税 Amazonなど標的 15年度中開始目指す

海外からのネット配信も消費税 Amazonなど標的 15年度中開始目指す

海外からのネット配信も消費税 Amazonなど標的 15年度中開始目指す (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/27/news056.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/27/news056_2.html
2014年06月27日 08時37分 更新

政府は26日、消費税法を改正し、海外から日本の消費者にインターネットで配信される電子書籍や音楽などに消費税を課す方針を決めた。
画像 国境を超えた電子配信取引の現状【拡大】

 現在は非課税だが、急拡大が続くネット配信市場で国内企業と税制面の扱いを同じにして、対等な競争条件を整えるのが狙い。与党が年末にまとめる2015年度の税制改正大綱に盛り込み、15年度中の課税開始を目指す。

 政府税制調査会(首相の諮問機関)が26日の会合で、海外からのネット配信に消費税を課すための制度案を大筋で了承。27日の総会で正式に決める。

 消費税は税関を通って輸入されたモノには課税されるが、ネット配信は税関を通らない「国外取引」とみなされ、消費税が課されていない。

 このため、海外にサーバーを置く米アマゾン・コムなどからの日本向け配信は非課税となっており、消費税分だけ商品価格に差が出ることから、日本の事業者が公平な制度の創設を強く求めていた。

新たな制度は、消費税の課税基準を現在の「配信企業の所在地」から「配信を受ける消費地」に変更。日本向けに映像などを配信する海外企業に税務署への申告を義務付ける。

 税の取りはぐれを防ぐため、海外当局に税の徴収を要請する「徴収共助」という枠組みも活用する。

 海外からのネット配信への課税について、菅義偉官房長官は26日の会見で「今後の税制改正プロセスの中で具体的な制度設計が行われていく」と述べた。


国境を超えた電子配信取引の現状.PNG



政府は26日、消費税法を改正し、海外から日本の消費者にインターネットで配信される電子書籍や音楽などに消費税を課す方針を決めた。
消費税は税関を通って輸入されたモノには課税されるが、ネット配信は税関を通らない「国外取引」とみなされ、消費税が課されていない。
この為、海外にサーバーを置く米Amazon.comなどからの日本向け配信は非課税となっており、消費税分だけ商品価格に差が出ることから、日本の事業者が公平な制度の創設を強く求めていた。
米Amazon.comで、買い物をしたことがありますが、米Amazon.comのアカウントを持っていれば、イギリスのAmazon, カナダのAmazon, フランスのAmazon, ドイツのAmazonで、共通のアカウントとして使えた筈。
海外で買い物をする機会が減りましたが、インターネットで配信される電子書籍や音楽などに消費税を課すのは勘弁して欲しい。
アップルのiTunesは、どうなるのでしょうか?
恐らく、消費税を課すことになりますよね。
ラベル:消費税法改正
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック