2014年06月18日

YouTubeが有料で音楽配信…今夏開始と報道

YouTubeが有料で音楽配信…今夏開始と報道

ユーチューブが有料で音楽配信…今夏開始と報道
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140618-OYT1T50056.html?from=ytop_ylist
2014年06月18日 11時55分

【ニューヨーク=越前谷知子】ロイター通信は17日、米グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」が、有料の音楽配信サービスを今夏にも始めることを計画していると報じた。

 報道によると、ユーチューブは有料の音楽サービス機能を追加するため、数百社の音楽関連企業と提携したことを明らかにしたという。有料の会員は、広告なしで視聴できるという。

 一方、音楽業界団体は、このサービスが始まれば、ユーチューブと提携しなかった企業が、無料で視聴できる音楽ビデオを投稿することができなくなる可能性があるとして批判している。

 米国では、音楽配信サービスをめぐる競争が激しくなっており、米アップルも買収などでサービス強化を進めている。




ロイター通信は、17日、米Google傘下の動画共有サイトYouTubeが、有料の音楽配信サービスを今夏にも始めることを計画していると報じた。
音楽業界団体は、このサービスが始まれば、YouTubeと提携しなかった企業が、無料で視聴出来る音楽ビデオを投稿することが出来なくなる可能性があるとして批判している。
YouTubeが、有料の音楽配信サービスを始めたら、ソニー(Sony)、ユニバーサル(Universal)、ライノ(RHINO)などの所属アーティストの会社が無料で、オフィシャル・ビデオを配信出来なくなる恐れがありますね。
エイベックス(AVEX)、EMI辺りは、有料で配信する恐れがあります。
2002年頃、コピーコントロールCD(CCCD)に必死になったのが、エイベックス(AVEX)と東芝EMIです。
私は、東京スカパラダイス・オーケストラのCCCDを1枚、持っています。
CCCDは、音が悪いです。
宇多田は、CCCDを嫌がったので回避しました。
Kraft Werk(クラフト・ワーク)の"Tour De France"(ツール・ド・フランス)はCCCDで出荷予定がCCCDを回避し、Kate Bush(ケイト・ブッシュ)のAerial(エアリアル)もCCCDを回避しました。
個人でミュージック・ビデオ(MV)をYouTubeにUPしなければ、新しく出て来る曲の視聴は、困難になる恐れがありますね。



Daughter - Youth


Kate Bush - Running Up That Hill - Official Music Video


The Smiths - This Charming Man (Official Music Video)


Cocteau Twins - Iceblink Luck (Official Video)


↑↑↑↑↑
こういう動画のUPも難しくなります。
既に、違法DL厳罰化の法の施行は始まっているので、音楽のブログでは、動画の取り扱いが難しいと思われます。
私は、音楽のブログを閉鎖しましたから。



SOPA, PIPAという米国の著作権絡みの話も2012年頃、ありました。
SOPA, PIPAについての説明は、今回、省きます。


ラベル:YouTube
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック