2014年05月27日

暴行容疑:留学生に卵投げつけ、少年3人逮捕 佐賀・鳥栖

暴行容疑:留学生に卵投げつけ、少年3人逮捕 佐賀・鳥栖

暴行容疑:留学生に卵投げつけ、少年3人逮捕 佐賀・鳥栖
http://mainichi.jp/select/news/20140527k0000e040231000c.html
毎日新聞 2014年05月27日 12時19分(最終更新 05月27日 14時17分)

佐賀県鳥栖市の路上で留学生に生卵を投げつけたとして、県警鳥栖署は26日、鳥栖市と福岡県久留米市の18〜19歳の少年3人を暴行容疑で逮捕した。被害者の留学生が通う鳥栖市の日本語学校によると、昨年12月以降、留学生19人が卵を投げられたり、エアガンを発砲されたりするなどしたといい、鳥栖署は悪質な嫌がらせとみて関連を捜査している。

 逮捕容疑は20日午後9時35分ごろ、鳥栖市本鳥栖町の路上で、自転車で通行中の20代のネパール人留学生の顔などに、乗用車の中から数回にわたり生卵を投げつけたとしている。留学生が逃げようとすると、車を先回りさせて車を降り、生卵をぶつけたという。

 久留米市の職業不詳の少年(19)は「知りません」と容疑を否認、鳥栖市の18歳の2人は容疑を認めているという。

 鳥栖署は、同様に留学生が被害を受けた事件数件を把握。20日前後には鳥栖市内で通行中の日本人女性がマヨネーズをかけられたという。

 日本語学校によると、被害に遭ったのはネパール、ベトナム、スリランカからの留学生男女計19人。アルバイトの行き帰りなどの自転車で通行中に大型の乗用車が近づいてきて幅寄せし、止まった留学生に、乗用車の男らが「あなた、どこから来た?」「何人?」などと尋ね、国名などを答えると生卵を投げつけたり、マヨネーズをかけたりしたという。エアガンを発砲されたり、砂利を投げつけられたりしたケースもあったという。けがは確認されていない。

 2、3回被害を受けた留学生もおり、同校が鳥栖署に被害届を出していた。

 同校の校長は「留学生は被害を受けても我慢して黙っていることも多く、実際はもっと被害があると思う。鳥栖は安全な地域として留学生を集めていただけに残念」と話している。【上田泰嗣、生野貴紀】




佐賀県鳥栖市の路上で留学生に生卵を投げ付けたとして、県警鳥栖署は26日、鳥栖市と福岡県久留米市の18〜19歳の少年3人を暴行容疑で逮捕した。
被害に遭ったのは、ネパール人留学生。
鳥栖署は、同様に留学生が被害を受けた事件数件を把握。
ネパール、ベトナム、スリランカからの留学生男女計19人も生卵を投げつけたり、マヨネーズをかけたりしたという。
この少年達が日本国籍かどうか?
日本人だとしても、留学生に生卵を投げ付けるような嫌がらせはやってはいけない。
日本人として恥ずかしい行為。
ラベル:暴行容疑
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック