2014年05月23日

「本が棚からなくなる」 青空文庫、TPP交渉の著作権保護期間延長に危機感

「本が棚からなくなる」 青空文庫、TPP交渉の著作権保護期間延長に危機感

「本が棚からなくなる」――青空文庫、TPP交渉の著作権保護期間延長に危機感
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1405/23/news077.html
2014年05月23日 13時53分 更新

「本が棚からなくなる」――政府がTPPの知財交渉で、著作権の保護期間を作者の死後70年で統一することで調整に入ったとの報道を受け、青空文庫が危機感を表明する文書を公開した。

「保護期間の延長は、私たちの今後得るはずの共有財産の幅を狭める」――政府がTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の知財交渉で著作権の保護期間を作者の死後70年で統一することで調整に入ったとの報道を受け、青空文庫は5月22日、危機感を表明する文書を、新着情報ページ「そらもよう」で公開した。

 日本の著作権報では現在、著作権保護期間は作者の死後50年だが、権利者団体などがたびたび70年への延長を要望し、議論になっていた。TPP交渉では米国が延長を求め、日本とカナダなどが同調したと報じられている。

 青空文庫は、呼びかけ人の故・富田倫生氏を旗振り人として、一貫して保護期間延長に反対。「保護期間の延長が、私たちの今後得るはずの共有財産の幅を狭め、それどころか現在共有している財産すらも多数失わせるおそれがある」ことが理由だ。

 70年に延長されれば、今後20年間、新たにパブリックドメインとなる本がなくなり、青空文庫に追加できる本もなくなってしまう。さらに万一、延長が過去に公開された作品にも遡って適用されれば、「今青空文庫で読める多くの作品が、ある日を境に青空の棚から消されてしまう」と心配する。

 改正された法律は過去に遡って適用されないのが原則だが、「富田氏はそのことはじゅうぶん承知の上で、遡及延長がありえる事態として、警鐘を鳴らし続けていた」とし、「青空文庫の実務に携わる者としては、どうしても本が棚からなくなる日のことを考えざるを得ません」と危機感をあらわにする。

 青空文庫はこの問題について、「そらもよう」やブログ「aozorablog」で、積極的に意見を発信し、延長反対活動や資料のまとめ、今できることの提案などを刑事していく。また、ユーザーからの意見も「info@aozora.gr.jp」で募っている。


そらもよう.PNG



政府がTPPの知財交渉で著作権の保護期間を作者の死後70年で統一することで調整に入ったとの報道を受け、青空文庫は5月22日、危機感を表明する文書を、新着情報ページ「そらもよう」で公開した。
日本の著作権報では現在、著作権保護期間は作者の死後50年。
権利者団体などが度々70年への延長を要望し、議論になっていた。
TPP交渉では米国が延長を求め、日本とカナダなどが同調したと報じられている。
青空文庫は、一貫して保護期間延長に反対。
TPPの知財交渉は何とかして欲しいと思います。
50年でも長いのに、何故、米国が求めた延長に応じたのか?



National Intelligence agency of Japan(NINJA)
日本情報分析局
http://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)私訳「目次」
http://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/article/187356552.html
序文
第1章  冒頭規定
第2章  一般的定義
第3章  産品の貿易
第4章  原産地規則
第5章  税関手続
第6章  貿易救済措置
第7章  衛生植物検疫措置
第8章  貿易の技術的障害
第9章  競争政策
第10章 知的財産
第11章 政府調達《『TPPが日本を壊す』(扶桑社新書)にも掲載》
第12章 サービス貿易
第13章 一時的入国
第14章 透明性
第15章 紛争解決
第16章 戦略的連携
第17章 管理上・制度上の規定
第18章 一般的条項
第19章 一般的例外
第20章 最終規定

《参考》TPPメインアグリーメント原文(英語PDF:NZ政府Webサイト)
 Text of Original Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement
http://www.mfat.govt.nz/downloads/trade-agreement/transpacific/main-agreement.pdf



TPPに関する自民党へのご意見はこちら。

自民党HP
https://www.jimin.jp/

自民党へのご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contact



TPP交渉 甘利大臣、知的財産分野で合意に近づいているとの認識(14/05/14)


本だけでなく、ジェネリック医薬品の問題もあります。

【三橋貴明】TPP知的財産交渉は今後どうなる!?TPP事情を解説



TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274097132.html

↑↑↑↑↑
TPPのおさらい。




参考

国民には秘密徹底 TPP交渉 守秘義務4年間
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397550458.html

米国、TPPで車の安全基準「選択制」要求 日本側は強く反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397316640.html

TPP交渉は米国が日本外しを示唆!農産品で譲歩しなければ、日本抜きもある!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/389742040.html

TPP交渉打開へ閣僚会談=甘利担当相、15日訪米
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/388495460.html

TPP「年内妥結」断念の裏側 やはり「日米交渉の不調」が影響?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/383154308.html

TPPで「地産地消」危うし 参入妨害の主張も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/381941315.htm


ラベル:TPP
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック