2014年05月22日

米中はグル、尖閣諸島に上陸した香港活動家は米国のCIA工作員だった!

米中はグル、尖閣諸島に上陸した香港活動家は米国のCIA工作員だった!


朗報!尖閣諸島上陸の香港活動家の正体がバレて、中国のネット上で大騒ぎ!!より転載
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/823.html


ヒゲのおじさん・古思堯.PNG
中国のニュース.PNG

上記のヒゲのオジさん、古思堯というお名前だそうです。

尖閣に上陸した時は、中国を愛していて、
中国の領土を掠め取ろうする日本を許さない!
てな感じで、中国国旗を掲げて、尖閣に上陸した訳ですよね?

ところが、下記の写真を見てください!

ヒゲのおじさん・古思堯が中国旗を燃やす.PNG

あれ?中国国旗を燃やしちゃってる!!

中国を愛しているというのは嘘なのか?!何で、そんな嘘をつく必要があるのか?!
中国のネット上では、そんな事が話題になっているようです。

でも、そんなことする人たちって誰だかわかりますよね。
そう、それは、ユダヤアメリカのCIAの方々です。

こんなくだらない嘘ついて、コチョコチョ気持ち悪い事やってるの、
ユダヤアメリカのCIAの工作員以外にありません!

はっきり言って、古思堯は、中国を愛する活動家でも何でもありません。
ユダ米に金もらって、香港で反共を演じていた単なるユダ米の犬なのです!

普段は、「反共」を演じていたのに、今回の演目では「中国を愛する活動家」。
役の振り幅が激しすぎて、皆にバレちゃったってこと(笑)

中国のネット住民は、まさか同志の古思堯がユダヤアメリカのCIAユダの犬って知らないから、
頭を抱えてしまっている訳なんですね。


下記の写真も見てください。

台湾国旗を塗りつぶす?.PNG

中国の初めの報道では、尖閣上陸時に掲げられた台湾国旗でしたが、
途中から塗りつぶされています。

60年以上前に、どこかの国の大本営が国民に対して行った
姑息なマインドコントロールみたいじゃありませんか。

要は、尖閣上陸に台湾が関与してる事を匂わせ、
「胡錦濤は、台湾を抑えきれていないぞ!」とする事で、
中国共産党中枢内での胡錦濤派への攻撃材料を与えたって事か。

それにしても、古思堯以外に人材は居なかったのでしょうか?
ウィキペディアで顔の割れている人を使っちゃマズイでしょう。

アメリカ自身の財政破綻と軍事費削減で、ペンタゴンの工作資金も減らされ、
頭も悪い工作員しか仕込めないので、悪事がすぐにバレちゃう。
ユダヤアメリカのCIAも、自滅が日々近づいているようですね。

それはともかく、
野ぶた政権は、こんな事実が判明したのにもかかわらず、黙って見過ごすってことはないですよね!!

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120822/1345606821#seeall  




2012年8月22日に投稿された記事の転載です。
尖閣諸島に上陸した香港活動家の正体は米国のCIA工作員でした。
争いの火種ばかり蒔いて、それにネットウヨが引っ掛かっています。
当時の野田政権は、こんな事実が判明したのにも関わらず、黙って見過ごした。
転載した記事を読んで判ることは、ユダヤが動いているということです。
ユダ米に金を貰って、香港で反共を演じていた。
我々は、米国のユダヤがいつも何を企んでいるのか知るべきです。
ユダヤの陰謀論を否定したり、嫌ったりする方々がいますが、これが現実のようです。
ラベル:香港
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック