2014年05月15日

「入館拒否は人種差別」 反捕鯨の豪女性ら太地町提訴

「入館拒否は人種差別」 反捕鯨の豪女性ら太地町提訴

「入館拒否は人種差別」 反捕鯨の豪女性ら太地町提訴
http://www.asahi.com/articles/ASG5G5DWFG5GPXLB00R.html?iref=comtop_list_nat_n05
滝沢文那 2014年5月15日05時40分

和歌山県太地町の「町立くじらの博物館」から外国人という理由で入館を拒まれたとして、オーストラリア人の女性らが町に約670万円の慰謝料などを求める訴訟を和歌山地裁に起こした。女性らは「憲法(14条)が禁じる人種差別にあたる」と主張している。

 これに対し、昨年9月〜今年2月の漁期に「捕鯨反対」の立場の外国人を対象に入館を断ったとする林克紀館長は朝日新聞の取材に「町の文化、財産、漁業を守るためで、差別の意図はない」と反論している。

 訴状によると、女性は太地町で続くイルカ漁に反対している団体のメンバー。2月9日に博物館を訪れた際、職員から「捕鯨反対の方は入館できません」と英語と日本語で書いた紙を示されたという。女性らは訴状で「捕鯨への考え方によって公共団体が施設の利用を拒むのは、憲法(19条)の思想・良心の自由も侵害する」とし、今月13日に提訴したと説明している。

 博物館には捕鯨に使う道具や歴史資料などが展示されている。女性は14日、太地町のイルカ漁を撮影した米国映画「ザ・コーヴ」の出演者らと博物館を訪問。「訴状を渡そうとしたが、拒否された」としている。(滝沢文那)




太地町の「町立くじらの博物館」から外国人という理由で入館を拒まれたとして、オーストラリア人の女性らが町に約670万円の慰謝料などを求める訴訟を和歌山地裁に起こした。
女性らは「憲法(14条)が禁じる人種差別にあたる」と主張している。
林克紀館長は「捕鯨反対」の立場の外国人を対象に入館を断った。
女性は太地町で続くイルカ漁に反対している団体のメンバー。
これまで反捕鯨の下で、どれだけのことをして来たか法廷で争えば良いのでは?
イルカ漁妨害とか不法行為してる人を博物館が断るのは正当な理由です。
記事にシー・シェパードとはありませんが、シー・シェパードの活動をしているオーストラリア人ではないでしょうか?
この提訴した女性は入館した筈という噂もあります。






TAIJI WALKER @taiji_walker
この提訴した女は入館したはずだが?しかも博物館に無許可でチャンネル9制作の自分主演の「The Killing Cove」という番組の撮影をして追い出されただけだし。

「入館拒否は人種差別」 反捕鯨の豪女性ら太地町提訴 http://t.asahi.com/eq7e



字幕【テキサス親父】カルトの嘘を太地町で派手に検証する「検証親父」
ラベル:太地町
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック