2014年05月13日

韓国団体 VANK 日本帝国主義に関する外国人向けサイト「May We Speak?」を開設

韓国団体 VANK 日本帝国主義に関する外国人向けサイト「May We Speak?」を開設

韓国団体 日本帝国主義に関する外国人向けサイト開設
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/05/09/0400000000AJP20140509002900882.HTML
2014/05/09 16:42

【ソウル聯合ニュース】インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体「VANK」が9日、日本の過去の歴史問題に関する外国人向けの英文サイト「May we speak?」を開設した。

 同サイトは外国人に独島や旧日本軍の慰安婦問題、かつての帝国主義時代の日本について正しい情報を提供するために構築された。

 VANKの朴起台(パク・ギテ)団長は、外国人らはホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を記憶し、ナチス・ドイツによる戦争犯罪の深刻性に共感し、二度と同じことが起きないよう行動している半面、同時期に発生した帝国主義思想に基づく日本の戦争犯罪は相対的に知られていないと指摘した。

 その上で、同サイトについて「帝国主義という大きな流れの中でホロコーストとナチズム、日本の戦争犯罪をひとくくりにして、独島や慰安婦問題を理解できるようにした」と説明した。

hjc@yna.co.kr


VANK.PNG



皆さん、ご存知のニュースかも知れません。
韓国の市民団体「VANK」が9日、日本の過去の歴史問題に関する外国人向けの英文サイト「May We Speak?」を開設した。
同サイトは外国人に独島や旧日本軍の慰安婦問題、かつての帝国主義時代の日本について正しい情報を提供するために構築された。
VANKの朴起台(パク・ギテ)団長は、外国人らはホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を記憶し、ナチス・ドイツによる戦争犯罪の深刻性に共感し、二度と同じことが起きないよう行動している半面、同時期に発生した帝国主義思想に基づく日本の戦争犯罪は相対的に知られていないと指摘した。
VANKの反日活動は相変わらずです。
独島や慰安婦問題、日本の戦争犯罪とディスカウント・ジャパン運動です。
サイトを覗いてみたら、資料すらない様子です。



May We Speak?
http://maywespeak.com/



Voluntary Agency Network of Korea
http://ja.wikipedia.org/wiki/Voluntary_Agency_Network_of_Korea

Voluntary Agency Network of Korea(VANK、ヴァンク、韩国网络外交使节团、반크) は、“韓国の正しい姿“を世界中に広めるために、インターネット等を介して、韓国に関する情報宣伝工作活動を行うことを目的とする大韓民国の民間組織。VANK自身は「民間外交使節団」と称しているが、韓国政府から公金が支出されており、後述のように攻撃対象とすべきサイトへ電子メールの大量送信やDos攻撃を呼びかけることもある。2012年9月時点の会員数は10万人、そのうち3割が加入費3万ウォンを払って活動を行う正会員である[1]。



実在する韓国サイバーテロ組織 VANK


韓国の反日組織「VANK」 その正体 ネットで謀略工作 資金は朴政権が支援




参考

韓国反日団体VANK 中国でセミナー開催し反日意識底上げ図る
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/395050984.html

読売新聞の朝刊で、冷える日韓がスタート、「反日売り込み官民で」にて、VANKが取り上げられました。
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/380198625.html

冷え切る日韓2 米国での反日力増す(読売新聞11月15日金朝刊)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/381411342.html


ラベル:VANK
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック