2014年05月12日

今度は震災がれきで市民が鼻血 「美味しんぼ」大阪市が抗議「事実に反する」!双葉町前町長が「被ばくしたからですよ」と語る場面も!

今度は震災がれきで市民が鼻血 「美味しんぼ」大阪市が抗議「事実に反する」!双葉町前町長が「被ばくしたからですよ」と語る場面も!

今度は震災がれきで市民が鼻血 「美味しんぼ」大阪市が抗議「事実に反する」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140512/crm14051213150010-n1.htm
2014.5.12 13:15

12日発売の小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」掲載の漫画「美味しんぼ」で、震災がれきを受け入れた大阪市内の焼却場近くの住民について鼻血を出したり、目やのどに不快な症状を訴えたりしていると表現されたのは事実無根として、大阪市は同日、小学館に抗議文を出した。松井一郎大阪府知事と橋下徹大阪市長の連名で提出。焼却場のある同市此花区や同区の医師会に確認したが、多数の住民が症状を訴えている事実はないとしている。

 市環境局によると、2日に環境省から情報提供があり小学館に確認したところ掲載内容が判明。9日に訂正を申し入れたが受け入れられず、12日の発売を受け抗議文を送ったという。

 12日発売号では、前号に続き、主人公の新聞記者たちが井戸川克隆前福島県双葉町長や「岐阜環境医学研究所」の所長を取材。同所長が大阪の震災がれき焼却場近くの住民千人を対象にした調査で「鼻血、眼、のどや皮膚などに不快な症状を訴える人が約800人もあった」と指摘している。



美味しんぼ 鼻血「被ばく」「今の福島に住んではいけない」
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/12/kiji/K20140512008142320.html

東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出す描写が議論を呼んでいる漫画「美味しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)の連載漫画誌の最新号に、福島県双葉町の井戸川克隆前町長が鼻血の原因をめぐり「被ばくしたからですよ」と語る場面があることが11日、分かった。

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)の12日発売号では、井戸川氏が前話(先月28日発売号)に引き続き「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いる」として、被ばくを原因に挙げた。さらに「今の福島に住んではいけないと言いたい」と発言した。福島大の荒木田岳准教授が除染作業の経験を基に「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと思います」と語る場面もある。

 同作は先月28日発売号で、主人公の新聞記者・山岡士郎が福島第1原発を取材後、鼻血を出したり、ひどい疲労感に襲われる描写があった。山岡記者を診察した医師は「福島の放射線と鼻血とは関連づける医学的知見がありません」と指摘した。

 この問題をめぐって7日、双葉町が小学館に対して「町民だけでなく、県民への差別を助長させる」などと抗議文を送付。石原伸晃環境相も9日に「風評被害を引き起こすようなことがあってはならない」と原発事故による被ばくと鼻血などの関係を否定するなど、波紋が広がっていた。福島県も12日、ホームページに反論を掲載する予定。同作は震災後の福島を扱う「福島の真実篇」を19日発売号まで連載予定。雁屋氏はブログで「本格的な反論は、19日発売号が発行されてからにする」としている。

[ 2014年5月12日 05:30 ]


美味しんぼ.PNG美味しんぼの著作者.PNG




12日発売の小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」掲載の漫画「美味しんぼ」で、震災がれきを受け入れた大阪市内の焼却場近くの住民について鼻血を出したり、目やのどに不快な症状を訴えたりしていると表現されたのは事実無根として、大阪市は同日、小学館に抗議文を出した。
松井一郎大阪府知事と橋下徹大阪市長の連名で提出。
また、福島県双葉町の井戸川克隆前町長が鼻血の原因を巡り「被ばくしたからですよ」と語る場面があることが分かっています。
「「今の福島に住んではいけないと言いたい」と発言した。」とは、福島県双葉町の井戸川克隆前町長の発言でしょうか?
だと、すると随分、酷いです。
兎に角、これは酷過ぎます。
私は、「美味しんぼ」の鼻血問題の件に触れずにいました。
何故ならば、知り合いに実家が福島で風評被害に遭った方がいるので、福島の方々を刺激したくなかったからです。
私は、被災地のがれき受け入れを拒否する都道府県が多い中で、大阪が受け入れていたことは評価すべきだと思います。
被災地復興を取り上げたいと思い、「被災地復興カテゴリー」を作ったものの記事は1件のみで情けないです。
産業廃棄物を取り扱う業者は、ネットで会社名を晒されて、がきれ処理が出来なくなっていた時期がありました。
原発事故があった福島の方々で、鼻血を出しているという漫画を描かれて、事実と異なるので、小学館に抗議した訳でしょう。
「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲の奥様は韓国人との噂です。
雁屋哲という漫画家の人間性を疑います。
表現して良いことといけないことがあります。




がれき広域処理 北九州市民ら142人が宮城県などを提訴
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/283510004.html

↑↑↑↑↑
被災地復興として書いた記事です。
本当は、もっと充実させたかった。
ラベル:漫画
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック