2014年05月10日

誤解招く高額表示やめます au、スマホ通信料明細で要望に対応

誤解招く高額表示やめます au、スマホ通信料明細で要望に対応

誤解招く高額表示やめます au、スマホ通信料明細で要望に対応
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/05/10/kiji/K20140510008132360.html

 KDDI(au)は10日、スマートフォンなどの料金明細書で、高額と見間違うような記載を4月に廃止したことを明らかにした。データ通信料が定額で6千円程度のはずが、100万円を超える額が表示される時もあり、「誤解するので改めてほしい」との利用者の要望を受けて決めた。

 廃止前は高速通信「LTE」対応のスマホやタブレット端末の定額制の契約者に対し、データ量に伴って料金が上がる従量制で計算した料金を記載。同額の割引を明細書に表示していた。

 「通信料が185万円?」。東京都内で働く30代の男性は3月に届いた明細書に目を見張った。定額のはずなのに、通信料が月収を大きく超える185万円余りになっていたからだ。すぐ下に「通信料を全額割引します」とあり、胸をなで下ろした。

 男性は「割引額を大きく見せたいのか、利用の抑制を狙っているのか」と不信感を抱いたという。これに対しKDDI広報部は「どれだけお得なのか利用者に見比べてもらうために、従量課金した場合の通信料を記載していた」と説明する。

 ソフトバンクモバイルもデータ通信料の定額サービスを実施しているが、明細書には変動する通信料と同額割引の表示を続けている。「従量課金した場合の表示を求める顧客の声を重視した」(広報部)という。NTTドコモは定額のみ記載し、実際に利用した通信量を書き添えている。

 専門家からは携帯電話のデータ通信料や通話料について、割引方法や請求書の記載が複雑だとの指摘がある。

[ 2014年5月10日 15:29]




KDDI(au)は10日、スマートフォンなどの料金明細書で、高額と見間違うような記載を4月に廃止したことを明らかにした。
データ通信料が定額で6千円程度の筈が、100万円を超える額が表示される時もあり、「誤解するので改めてほしい」との利用者の要望を受けて決めた。
実は、私、auを使っています。
2014年4月は、少し使い過ぎてしまい、6千円台のスマホの利用料金が7千円を超えました。
明細を見ると200万円以上を使ったことになっていて、マイナス200万円で7千円という内訳です。
これは、以前から変だと思っていましたが、誰かが苦情を言うだろうと放置していました。
改善されるならば良いことです。
私が反日企業のソフトバンクに変えることはないですね。
ドコモもギャラクシーと組んだり、料金が他社より高かったりで、ドコモからauに変える人もいます。
最近は、イオンなどが低料金のスマホを出しているので、そちらを使う人もいるのかな。
報道によるとイオンは老人に人気とか。


「格安スマホ イオン」で検索してみて下さい。
60代に人気のようです。
ラベル:au
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック