2014年04月30日

パスワードなど1万3000件入手=ネットバンキング不正送金−警視庁

パスワードなど1万3000件入手=ネットバンキング不正送金−警視庁

パスワードなど1万3000件入手=ネットバンキング不正送金−警視庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014043000399

警視庁は30日、インターネットバンキング利用者のパスワードなど不正に入手されたとみられる口座情報が、国内にあるサーバー1台から約1万3000件見つかったと発表した。このうち約250件で不正送金被害があり、同庁サイバー犯罪対策課は当該口座のある大手銀行など16行に情報提供し、利用停止などを要請した。

【特集】暗躍するハッカー

サーバーは「C&C(Command and Control)サーバー」と呼ばれ、ウイルス感染したパソコンから情報を送信させていた。パソコンは「Citadel(シタデル)」と呼ばれるウイルスに感染したとみられ、IDやパスワードなどが不正に抜き取られたとして、同課は不正アクセス禁止法違反容疑で、サーバー契約者などについて捜査している。
 サイバー犯罪で協定を結ぶトレンドマイクロが昨年10月、国内に「C&Cサーバー」が1台あると警視庁に通報。同庁がデータを入手して解析したところ、ネットバンキングのIDやパスワード、銀行名や預金残高、IPアドレスなどが大量に発見された。(2014/04/30-12:50)




警視庁は30日、インターネットバンキング利用者のパスワードなど不正に入手されたとみられる口座情報が、国内にあるサーバー1台から約1万3000件見付かったと発表した。
このうち約250件で不正送金被害があり、同庁サイバー犯罪対策課は当該口座のある大手銀行など16行に情報提供し、利用停止などを要請した。
サーバーは「C&C(Command and Control)サーバー」と呼ばれ、ウイルス感染したパソコンから情報を送信させていた。
サイバー犯罪で協定を結ぶトレンドマイクロが昨年10月、国内に「C&Cサーバー」が1台あると警視庁に通報。
がデータを入手して解析したところ、ネットバンキングのIDやパスワード、銀行名や預金残高、IPアドレスなどが大量に発見された。
不正アクセス禁止法違反容疑捜査とのことですが、無能な警視庁では、優秀なトレンドマイクロの力を借りなければ、捜査が出来ません。



C&Cサーバ 【 command and control server 】
http://e-words.jp/w/C26CE382B5E383BCE38390.html

外部から侵入して乗っ取ったコンピュータを利用したサイバー攻撃で、踏み台のコンピュータを制御したり命令を出したりする役割を担うサーバコンピュータのこと。

サイバー攻撃では、同時に多数のコンピュータから攻撃させたり、攻撃元を割り出しにくくするなどの目的で、しばしば無関係な第三者のコンピュータをウイルスに感染させるなどして乗っ取り、攻撃に利用することがある。その際、侵入したコンピュータを操作したり攻撃の指示を出したりするメッセージを発信するコンピュータのことをC&Cサーバという。
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック