2014年04月29日

IE6〜11 に未修正の脆弱性、サイト閲覧で PC 制御される恐れ!米国土安全保障省はハッカー攻撃の危険の為、「IEは使うな」と警告!

IE6〜11 に未修正の脆弱性、サイト閲覧で PC 制御される恐れ!米国土安全保障省はハッカー攻撃の危険の為、「IEは使うな」と警告!

IE6〜11 に未修正のぜい弱性、サイト閲覧で PC 制御される恐れ
http://internetcom.jp/busnews/20140428/6.html
インターネットコム編集部
2014年4月28日 / 16:10

米国 Microsoft(MS)の Web ブラウザ「Internet Explorer(IE) 6〜11」に、新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。悪意のある Web サイトなどを開くと PC を勝手に制御される恐れがある。まだセキュリティ更新が追い付いていないため、別途脅威を和らげるツールを導入するなどの回避策が必要となる。


脆弱性緩和ツール「EMET」.PNG
脆弱性緩和ツール「EMET」(出典:Microsoft)

MS によると、すでにこの脆弱性を突いた攻撃が見つかっている。攻撃を受けるとアプリが異常終了したり、PC を外部から制御される恐れがある。

応急の対策としては「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」を導入すると、攻撃の脅威を和らげられる。専用サイトから、EMET 4.0 以降をダウンロード、インストールすればよい。

また IE の「インターネットオプション」にある「セキュリティ」タブを開き、インターネットとローカル イントラネットそれぞれについてセキュリティのレベルを「高」に設定する、といった回避策も、MS は紹介している。ただしどちらもシステムにどのような影響があるかを確認したうえで導入するよう念を押している。

詳しい情報は同社のセキュリティアドバイザリ(英文)から確認できる。



「エクスプローラー使うな」と警告 米国土安全保障省 ハッカー攻撃の危険
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140429/its14042900040001-n1.htm
2014.4.29 00:04 [マイクロソフト]

米国土安全保障省は28日、ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、米マイクロソフト社の閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」を使わないよう警告、代替ソフトの使用を呼び掛けた。ロイター通信が伝えた。

 米当局によると、バージョンが「6」から「11」までのインターネット・エクスプローラーが攻撃を受けた場合、大きな危険につながる恐れがあるという。(共同)




米国土安全保障省は28日、ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、米マイクロソフト社の閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」を使わないよう警告、代替ソフトの使用を呼び掛けた。
これは行き過ぎであり、マイクロソフトでは応急の対策と回避策を講じています。
詳しくはマイクロソフトのHPで確かめましょう。
【関連する記事】
posted by hazuki at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック