2014年04月26日

中国、久米島沖で海底資源の強奪を画策 中止要請を無視して海底調査

中国、久米島沖で海底資源の強奪を画策 中止要請を無視して海底調査

中国、久米島沖で海底資源の強奪を画策 中止要請を無視して海底調査 (1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140426/frn1404261100002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140426/frn1404261100002-n2.htm
2014.04.26

中国公船が、沖縄県・久米島周辺の排他的経済水域(EEZ)で活発な活動を続けている。同島西方沖の海底では一昨年、鉱物資源が眠る熱水鉱床が発見されており、中国が資源強奪を狙っている可能性もある。安倍晋三首相は24日、オバマ米大統領との首脳会談で、尖閣諸島を断固死守する姿勢を確認したが、警戒は沖縄全体に広げる必要がありそうだ。

 中国の海洋調査船「科学号」は24日、久米島周辺のEEZに何らかの物体を投入するなどの、調査を続けている。同海域で、中国公船の活動が確認されたのは13日連続。

 EEZとは、当事国の経済的な主権がおよぶ水域のこと。水産資源や鉱物資源などの探査と開発に権利を得られる。

 中国政府は事前に調査の通告をしてきたが、日本政府は認めていない。海上保安庁の巡視船が「わが国のEEZで、同意のない調査は認められない」と再三中止を求めているが、科学号はこれを無視している。

 彼らの目的は何なのか。

 実は、人民網日本語版は今月9日付で「(科学号は)46人の科学者と技術者を乗せ、『深海海洋環境・生態システム』の海底熱水系に関連する研究を進め、沖縄トラフ熱水域の熱水噴出孔周辺の海洋物理及び化学環境の観測、サンプル収集、分析を行う」と報じている。

 中国国営中央テレビも17日、「科学号」が沖縄近海の海溝でサンプル採取をする様子を実況中継し、海底から熱水とともに噴出する黒煙の映像を流した。

 どうやら中国は、日本のEEZで、熱水鉱床を調べているようだ。

熱水鉱床とは、海底から噴出する熱水に含まれる金属成分が沈殿した鉱床。亜鉛や鉛、銅、金のほか、レアメタルの回収も期待されている。問題の熱水鉱床は、日本の産業総合研究所が2012年、調査・発見したものだが、中国は日本の海底資源を強奪するつもりなのか。

 彼らの魂胆がよく分かる報道があった。

 前出の中国国営中央テレビは14日、「中国科学調査船、東シナ海で作業中に日本の妨害に遭遇」などとして、「沖縄トラフは中日海洋経済区分の境界線」「日本の中間線は国際法の原則に違反」「わが国はすでに国連に東シナ海境界案を手渡している」などと報じた。

 中国は、日中中間線を否定し、それよりはるか日本側にせり出した沖縄トラフまでが中国大陸から続く大陸棚の自然延長だとして「東シナ海の大部分は中国のEEZだ」と主張しているのだ。

 中国事情に詳しい元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「2010年に日中のGDPが逆転してから、中国は『自分たちは大国だ。何でもできる』と傲慢な態度を取りだした」といい、こう続ける。

 「日本のEEZで勝手に海底調査するなど許されない。安倍首相は日米首脳会談で強固な日米同盟を復活させたが、この件についても断固抗議しなければならない」

 日本はいま、領土・領海・領空を本気で守る意思を試されている。 (ジャーナリスト・仲村覚)


中国の海洋調査船「科学号」.PNG
中国船が活動している海域.PNG



中国公船が、沖縄県・久米島周辺の排他的経済水域(EEZ)で活発な活動を続けている。
同島西方沖の海底では一昨年、鉱物資源が眠る熱水鉱床が発見されており、中国が資源強奪を狙っている可能性もある。
中国の海洋調査船「科学号」は24日、久米島周辺のEEZに何らかの物体を投入するなどの、調査を続けている。同海域で、中国公船の活動が確認されたのは13日連続。
海上保安庁の巡視船が「わが国のEEZで、同意のない調査は認められない」と再三中止を求めているが、科学号はこれを無視している。
人民網日本語版は今月9日付で「(科学号は)46人の科学者と技術者を乗せ、「深海海洋環境・生態システム」の海底熱水系に関連する研究を進め、沖縄トラフ熱水域の熱水噴出孔周辺の海洋物理及び化学環境の観測、サンプル収集、分析を行う」と報じていて、中国国営中央テレビも17日、「科学号」が沖縄近海の海溝でサンプル採取をする様子を実況中継し、海底から熱水とともに噴出する黒煙の映像を流した。
シナは、日本のEEZで、熱水鉱床を調べているよう。
問題の熱水鉱床は、日本の産業総合研究所が2012年、調査・発見したものだが、中国は日本の海底資源を強奪するつもりなのか。
日中中間線を否定し、それよりはるか日本側にせり出した沖縄トラフまでが中国大陸から続く大陸棚の自然延長だとして「東シナ海の大部分は中国のEEZだ」と主張している。
安倍首相は、オバマ米大統領との首脳会談で、尖閣諸島を断固死守する姿勢を確認したが、警戒は沖縄全体に広げる必要がある。
資源があると判ると沖縄トラフまでもが中国のEEZだと主張し、資源を奪うつもりです。
尖閣諸島は日本の領土ですが、1970年頃に、資源があることが判ったシナが領有権を主張し始めたのです。
俺様国家、シナのやり方です。



中国は、「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」設立公告を出しています。

沖縄県民を勝手に「中華民族」にして、琉球自治区の設立を援助するとのことです。


中華民族琉球自治.PNG

中国が中華民族琉球特別自治区委員会を発足


'Declare Independence' Tibet Version : Bjork


Declare Independenceとは、「独立を宣言するのよ」という意味です。
Bjork(ビョーク)が、中国共産党に対して取った態度は正しかったです。


チベット独立宣言事件 [編集]
2008年3月2日、中国・上海で行われたコンサートで事前に演奏を届け出ていない[4]「Declare Independence」を歌った際にチベットを連呼した。これを受け、中国文化省は文化省のサイト上で、規定に違反して個人的な芸術活動を政治利用し人民の感情を傷つけると不快感を表すコメントを掲載すると共に、中国国外アーティストへの制限を強化する意向を発表している。一方のビョークも自身のサイトで、自分は政治家ではなくミュージシャンである旨のコメントを返している。


Tibet, Tibet...Tibet, Tibet...Tibet, Tibet...
Raise your Flag! Higher, Higher!

チベット、チベット、・・・・、チベット、・・・
自分の旗を高々と掲げて(もっともっと高く)


新潟中国総領事館問題を考える会 発足告知


中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ



参考

中国画策、沖縄を「琉球自治区」に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274202495.html

日本の森買い漁る中国 水資源確保が中国の異民族支配の手法
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/276094432.html

尖閣諸島、「日本が盗んだ」=国連演説で領有権主張−中国外相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/294606639.html

尖閣「570年前に見つけた」 中国の女性大佐が森本前防衛相に主張
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/323722700.html

人民日報、沖縄帰属は「未解決」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/366235351.html
ラベル:久米島
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック