2014年04月15日

民家で大麻栽培容疑、1300本押収 ベトナム人ら逮捕

民家で大麻栽培容疑、1300本押収 ベトナム人ら逮捕

民家で大麻栽培容疑、1300本押収 ベトナム人ら逮捕
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201404/0006862989.shtml
2014/4/14 14:01

兵庫県姫路市と加西市の民家で密売用の大麻を栽培したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と姫路、加西署などは14日までに、大麻取締法違反の疑いで、無職ホアン・アイン・チュオン容疑者(34)らベトナム国籍の男女6人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 関係先から約1300本の大麻草が見つかっており、県警による押収量としては、記録のある1998年以降で最多とみられる。

 ほかに逮捕されたのは姫路市別所町佐土、リサイクル業ファン・バン・ワン容疑者(54)▽住所不詳、無職グエン・バン・トゥアン容疑者(24)‐ら20代〜50代の5人。

捜査関係者によると、6人は共謀し3月24日、姫路市仁豊野と加西市福住町の民家で、大麻草を営利目的で栽培していた疑い。

 県警は「ベトナム人グループが民家で大麻を栽培している」との情報に基づき、3月24日に4人を現行犯逮捕。翌日、ほかの2人も逮捕した。

 民家からは園芸用ポットで育てられた大麻草や苗のほか、照明や配電などの機材、乾燥大麻も見つかったという。男らは住み込みで空調や水、調光などの世話をしていたとみられる。

 県警は、グループが大麻を栽培・密売し利益を得ていたのではないかとみて、販売ルートや背後関係を調べる。

 民家が大麻の栽培拠点に悪用された事件は全国で頻発。県内でも昨年11月に加古川市で189鉢、翌月に神戸市垂水区で318鉢が相次いで押収され、それぞれベトナム人の男が逮捕された。


民家で大麻栽培容疑.PNG



兵庫県姫路市と加西市の民家で密売用の大麻を栽培したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と姫路、加西署などは14日までに、大麻取締法違反の疑いで、無職ホアン・アイン・チュオン容疑者(34)らベトナム国籍の男女6人を逮捕した。
捜査関係者への取材で分かった。
関係先から約1300本の大麻草が見付かっており、県警による押収量としては、記録のある1998年以降で最多とみられる。
他に逮捕されたのは、ファン・バン・ワン容疑者(54)、グエン・バン・トゥアン容疑者(24)らの5人。
ベトナムはベトナム戦争の時、韓国軍の蛮行で酷い目に遭った国ですが、密売洋の大麻の栽培は犯罪です。
最近、不良外国人の犯罪が目立ちます。



ベトナム人らが民家で大麻栽培




参考

絵の具チューブとコンドームに液状大麻を入れて密輸のアイルランド人を摘発!「クラブで売るつもりだった」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/393338591.html

偽造カードで10万円窃取容疑、ルーマニア人再逮捕 45億円不正引き出しとの関連捜査 警視庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/389216437.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック