2014年04月12日

「表現の自由への挑戦」!グレンデール市が争う姿勢!慰安婦像訴訟!

「表現の自由への挑戦」!グレンデール市が争う姿勢!慰安婦像訴訟!

「表現の自由への挑戦」 グレンデール市が争う姿勢 慰安婦像訴訟
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140412/amr14041213010006-n1.htm
2014.4.12 13:01 [「慰安婦」問題]

旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像が設置された米ロサンゼルス近郊グレンデール市の日系人住民らが、市に像を撤去するよう求めた訴訟で、市は11日、カリフォルニア州の連邦地裁に提出した書面で争う姿勢を明らかにした。

 市は書面で、訴訟は「表現の自由への挑戦」だと主張。市は必要な法的手順を経た上で像の設置を承認したと述べた。

 原告側は訴状で、慰安婦像の碑文について「市議会は碑文の文言を承認する投票をしていない」などと主張していた。

 また原告側は、慰安婦像は連邦政府だけが持つ外交権限を侵害するもので、合衆国憲法に違反するなどと訴えている。市はこれに対し、像は「市民の表現行為」であり、外交権限とは無関係だとした。像はグレンデール市議会が市有地の公園への設置計画を賛成多数で承認し、韓国系米国人や在米韓国人の団体が建立した。(共同


慰安婦少女像.PNG
竹島は日本固有の領土.PNG
テキサス親父とグレンデール市の慰安婦像.PNG



慰安婦を象徴する少女像が設置されたグレンデール市の日系人住民らが、市に像を撤去するよう求めた訴訟で、市は11日、カリフォルニア州の連邦地裁に提出した書面で争う姿勢を明らかにした。
市は書面で、訴訟は「表現の自由への挑戦」だと主張。
市は必要な法的手順を経た上で像の設置を承認したと述べた。
「日本軍は少女20万人を強制連行して性奴隷にした」などという歴史の捏造を喧伝することが「表現の自由」とは?
嘘、捏造も表現の自由?
子ども達が苛めに遭った日系住民の人権はどうなるのか?
「表現の自由」を掲げるのなら、ベトナム戦争中に韓国軍のベトナム女性強姦で生まれたライダイハンの像も建てられますね。



テキサス親父が立ち上げたグレンデールの慰安婦像の撤去の署名を頑張りましょう。

グレンデールの署名.PNG


https://petitions.whitehouse.gov/petition/remove-offensive-state-glendale-ca-public-park/3zLr8dZh

短縮URL: http://1.usa.gov/1bxkxhr

テキサス親父 公式サイト
http://texas-daddy.com/

【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454

【テキサス親父】グレンデール市の追軍売春婦像の撤去の為の署名がうまく出来ない場合はご覧下さい
http://staff.texas-daddy.com/?eid=455


【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い ...の署名のやり方動画




参考

米男性がホワイトハウスに「慰安婦像の撤去」求める請願書(テキサス親父)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/382654421.html

テキサス親父の慰安婦像撤去が産経新聞に掲載される
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/382898605.html

「テキサス親父」の慰安婦像撤去署名、片山さつき氏や産経新聞が「応援」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/383155796.html

テキサス親父 「慰安婦像撤去署名あと一息」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/383797979.html

米慰安婦像の撤去請願署名10万超す 受理の目標達成、欧州でも支持
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/384406088.html
ラベル:慰安婦問題
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック