2014年04月05日

[教科書検定] 韓国に配慮?日米韓首脳会談の影響で異例の公表延期(新年度にずれ込み)!

[教科書検定] 韓国に配慮?日米韓首脳会談の影響で異例の公表延期(新年度にずれ込み)!

【教科書検定】
韓国に配慮? 首脳会談の影響で異例の公表延期
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140404/edc14040423150012-n1.htm
2014.4.4 23:14

 教科書検定は例年、年度内の3月下旬に結果が公表される。しかし、今回は日米韓首脳会談の影響で、公表が新年度にずれ込んだことが政府関係者などへの取材で分かった。

 関係者によると、教科書検定は当初、3月26日に予定されていた教科用図書検定調査審議会の総会に合わせて、結果が公表されることになっていた。だが、オランダ・ハーグで3月25日夜(日本時間26日未明)に日米韓首脳会談が行われることになり、その直後に検定結果が公表されれば韓国側を刺激するとして、延期することにしたという。

 新しい教科書は、竹島を「日本固有の領土」と記述しており、韓国側の反発が予想されていた。韓国の政府当局も日本側に、日韓首脳会談と検定結果の公表が重ならないよう、非公式に求めていたとみられる。

 文科省は公表の延期について、「教科用図書検定調査審議会の総会日程が委員の都合で変更されたため」と説明している。しかし、委員の都合で総会が新年度にずれ込むことは極めて異例だ。延期をめぐる動きは韓国のマスコミでも報じられ、3月20日の朝鮮日報インターネット版は「(日本政府の)融和姿勢」との見方を示していた。




教科書検定は例年、年度内の3月下旬に結果が公表されるが、今回は日米韓首脳会談の影響で、公表が新年度にずれ込んだことが政府関係者などへの取材で分かった。
教科書検定は当初、3月26日に予定されていた教科用図書検定調査審議会の総会に合わせて、結果が公表されることになっていたが、オランダ・ハーグで3月25日夜(日本時間26日未明)に日米韓首脳会談が行われることになり、その直後に検定結果が公表されれば韓国側を刺激するとして、延期することにした。
文科省は公表の延期について、「教科用図書検定調査審議会の総会日程が委員の都合で変更されたため」と説明しているが、新年度にずれ込むことは異例。
この異例な教科書検定に関して、早速、韓国と中国は、「小学生にも歪曲、隠蔽教育」と猛反発をしています。
竹島も尖閣諸島も日本固有の領土です。
中国と韓国から歪曲、隠蔽教育と言われる筋合いはない。
中国と韓国こそ、正しい教科書で教育しろ。



【教科書検定】
「小学生にも歪曲、隠蔽教育」 竹島・尖閣明記で韓国政府、中国も猛反発
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140404/kor14040419340007-n1.htm
2014.4.4 19:33 [教科書]

【ソウル=加藤達也、北京=川越一】日本の小学校の社会科教科書が島根県の竹島や沖縄県の尖閣諸島を「日本固有の領土」と初めて明記したことに、中韓が4日、強く反発した。

 韓国外務省の趙太庸(チョテヨン)第1次官は4日、社会科教科書が竹島を「韓国が不法に占拠している」と記述したことについて、別所浩郎駐韓日本大使を呼び抗議した。

 同省報道官は声明で、韓国が問題視する記述について「小学生にも、帝国主義の侵奪の歴史を歪曲(わいきょく)、隠蔽する教育」と非難。「(日本の)未来の世代を孤立させる」と主張した。

 韓国教育省も報道官声明を発表。日本政府が「嘘の主張」に基づく教育で「侵略の歴史を正当化」していると断じた。同省は韓国の小学校から高校で「独島(竹島の韓国名)は韓国領」との教育を強化する方針を打ち出した。

 聯合ニュースは「日本国内でも憂慮の声が出ている」と伝えた。

 一方、中国外務省の洪磊報道官は定例記者会見で、尖閣諸島が日本の領土と記述されたことに、「われわれは一貫して、日本側に誠実な態度で歴史に対面し、正確な歴史観で次世代を教育するよう要求している」と抗議した。






田母神俊雄 @toshio_tamogami
教科書に尖閣諸島と竹島が日本の領土と明記される事になりました。今まで書かれていなかったことがおかしいと思います。安倍内閣だから出来たことだと思います。




参考

教科書検定、全社で竹島・尖閣を明記、「日本固有の領土」領海侵犯にも踏み込む
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/393762638.html

尖閣・竹島の「領土」明記、文科相「当然だ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/385147611.html

尖閣・竹島は固有領土…中高教科書指針に明記へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/385061162.html
ラベル:教科書問題
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック