2014年04月01日

「野蛮な日本に鉄槌!」「地球上から消えるべきは日本人」調査捕鯨中止命令で「不法捕鯨大国」とも呼ばれる韓国が言いたい放題

「野蛮な日本に鉄槌!」「地球上から消えるべきは日本人」調査捕鯨中止命令で「不法捕鯨大国」とも呼ばれる韓国が言いたい放題

「野蛮な日本に鉄槌!」「地球上から消えるべきは日本人」 調査捕鯨中止命令で韓国が言いたい放題
http://www.j-cast.com/2014/04/01200860.html
http://www.j-cast.com/2014/04/01200860.html?p=2
2014/4/ 1 17:50

日本の南極海での調査捕鯨にとうとう中止命令が下された。国際司法裁判所(ICJ)が2014年3月31日、「国際捕鯨取締条約で認められている科学的な調査に該当しない」との判断を示し、今後行わないよう命じる判決を言い渡した。

「鯨食文化が失われるのでは」と捕鯨業界が懸念を抱く中、水を得た魚のように言いたい放題なのが韓国だ。大手紙「朝鮮日報」が「日本の調査捕鯨を国際社会が断罪」という見出しの記事を掲載しているほか、ネットユーザーもここぞとばかりに悪口を書き込んでいる。


「日本の慣行が国際社会から断罪された」

件の見出しの記事は14年4月1日、朝鮮日報日本語版に公開された。

「研究を目的とした『調査捕鯨』の名の下、27年間にわたって世界の海でクジラを捕獲してきた日本の慣行が、国際社会から断罪された」という書き出しで、日本が1年間に捕獲するミンククジラの数が850頭にのぼるにもかかわらず、これまでに科学的な研究の成果がほとんど出ていないといった根拠から、ICJの判事16人のうち12人が日本の調査捕鯨が条約違反と判断したなどと詳細に報じている。

韓国語版には、「『研究用』として捕鯨した日本のコムス(編注:けち臭い方法の意)…27年ぶりに撤退へ」という見出しでこの判決について報じる記事が掲載されている。 コメント欄には「日本の野蛮な行為に鉄槌を下せてすがすがしい」「研究用なんて嘘だ。日帝の蛮行も研究用って言ってみろよ!」「地球上から消えるべきは鯨ではなくウェジョク(編注:韓国での日本人の蔑称の一種)だ」など好き放題書き込まれている。

(続く)


「不法捕鯨大国」とも呼ばれる韓国

好き放題言っている韓国の捕鯨事情はと言うと、何と「不法捕鯨大国」という不名誉な呼び名が付けられるほど荒んでいるらしい。

国際捕鯨委員会(IWC)に加盟している89の国で11年に発生した違法捕鯨23件のうち、21件が韓国で発生していたことが、12年7月のIWCの発表で明らかになっている。

13年11月には朝鮮日報が、「韓国の違法捕鯨が巧妙に組織化している」との記事を掲載。ミンククジラの捕獲・流通組織メンバー19人が検挙されたが、船主、もりの投げ手、陸上・海上の運搬業者、流通業者など、徹底した役割分担で組織化されていたという。検挙されたメンバーのうち5人は逮捕・起訴、12人は在宅起訴され、2人は逃亡したと書かれている。

こうした背景もあって、今回の判決を報じた朝鮮日報の記事に対し、日本のネットユーザーからは「何が断罪だよ」「韓国の捕鯨はどうなのか?」「違法捕鯨を取り締まらない韓国に言われたくはない」など反発の声が上がっている。


捕鯨国一覧.PNG捕鯨国.PNG



国際司法裁判所(ICJ)が2014年3月31日、「国際捕鯨取締条約で認められている科学的な調査に該当しない」との判断を示し、今後行わないよう命じる判決を言い渡した。
日本の南極海での調査捕鯨に中止命令。
朝鮮日報が14年4月1日「日本の調査捕鯨を国際社会が断罪」という見出しの記事を掲載。
日本語版で「研究を目的とした「調査捕鯨」の名の下、27年間にわたって世界の海でクジラを捕獲してきた日本の慣行が、国際社会から断罪された」という書き出しで、日本が1年間に捕獲するミンククジラの数が850頭にのぼるにも関わらず、これまでに科学的な研究の成果が殆ど出ていないといった根拠から、ICJの判事16人のうち12人が日本の調査捕鯨が条約違反と判断したなどと詳細に報じている。
韓国語版には、「「研究用」として捕鯨した日本のコムス(編注:けち臭い方法の意)…27年ぶりに撤退へ」という見出しでこの判決について報じる記事が掲載されている。
「不法捕鯨大国」という不名誉な呼び名が付けられるほど荒んでいる韓国は、朝鮮日報が13年11月には「韓国の違法捕鯨が巧妙に組織化している」との記事を掲載。ミンククジラの捕獲・流通組織メンバー19人が検挙されたが、船主、もりの投げ手、陸上・海上の運搬業者、流通業者など、徹底した役割分担で組織化されていたという。検挙されたメンバーのうち5人は逮捕・起訴、12人は在宅起訴され、2人は逃亡したと書かれている。
今回の判決を報じた朝鮮日報の記事に対し、日本のネットユーザーからは「何が断罪だよ」「韓国の捕鯨はどうなのか?」「違法捕鯨を取り締まらない韓国に言われたくはない」など反発の声が上がっている。
今日の読売新聞の朝刊に掲載されていたのですが、韓国は捕鯨支持国です。
捕鯨支持国の韓国から南極調査捕鯨を認めないというハーグの判決に対して、韓国から断罪と言われたくない。
不法捕鯨大国の韓国は黙っていろ。



日本の調査捕鯨を国際社会が断罪
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/01/2014040100734.html
記事入力 : 2014/04/01 08:30

国際司法裁判所、オーストラリアの訴え認める
「研究成果は微々たるもの、大部分は食用」
一時は年間1000頭捕獲、一部地方では学校給食にも利用

研究を目的とした「調査捕鯨」の名の下、27年間にわたって世界の海でクジラを捕獲してきた日本の慣行が、国際社会から断罪された。

 国際司法裁判所(ICJ)は先月31日「日本による南極海での調査捕鯨を禁止すべきだ」というオーストラリア政府の訴えを全面的に認め、日本による南極海での調査捕鯨を中止するよう命じる判決を下した。国際捕鯨取締条約に基づき、商業捕鯨(商業目的の捕鯨)は1986年から全面的に禁止されてきたが、日本は「クジラの生息状況について研究する」として、南極海と北西太平洋でミンククジラを中心とした調査捕鯨を行ってきた。国際司法裁判所はこれについて、調査・研究用の捕鯨ではなく、商業捕鯨であるとの判断を下した。これにより、日本の南極海での調査捕鯨は禁止されることになった。国際司法裁判所での裁判は一審制となっており、日本政府は「判決を受け入れる」と発表した。

 今回の裁判では、国際司法裁判所の裁判官16人のうち12人が、日本による南極海での調査捕鯨は「国際捕鯨取締条約に違反する」と判断した。同裁判所はまた、日本による北西太平洋での捕鯨についても「日本が判決を考慮するよう期待する」と注文した。毎日新聞は「今回の判決により、日本の北西太平洋での調査捕鯨も継続は極めて厳しい状況になる見通しだ」と報じた。

 国際司法裁判所は判決の根拠として、日本が南極海で1年間に捕獲するミンククジラの数(850頭)があまりにも多く、また2005年にクジラ研究プログラム「Jarpa2」が始まって以降、ミンククジラ3600頭を捕獲したが、これまでに科学的な研究の成果はほとんど出ていないという点を挙げた。日本が捕獲したクジラの大部分は、科学的な調査ではなく食用に回されているという点を事実上認めたものだ。実際に、日本ではクジラの肉は一般的な食材として市場で販売されているほか、寿司ネタや、一部の地方では学校給食にも用いられている。日本が南極海や北西太平洋で捕獲したクジラは一時1000頭を超えたが、需要を超える無分別な乱獲だという声が高まり、国際環境団体の組織的な妨害もあって、昨年には半分以下に減少した。

東京=安俊勇(アン・ジュンヨン)特派員



「研究」とし、クジラ取った日のヒントやトリック... 27年ぶりに撤退迎え
[출처] 본 기사는 조선닷컴에서 작성된 기사 입니다
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2014/04/01/2014040100207.html?news_Head1
2014.04.01 03:02 |修正:2014.04.01 10:35
東京=アンジュンヨン特派員

[国際司法裁判所、日の南极捕鯨停止判決...「調査結果ミミ、ほとんど食用に書かれて」] 日、かつての年号1000頭捕獲...いくつかの線学生の供給への書き込みも日捕鯨、今回の判決で、世界中の海域で大変になるよう

「調査捕鯨(调查捕鲸・研究を目的とした捕鯨)」条項を悪用して、過去27年間、世界の海の鯨を乱獲してきた日本の慣行が国際社会の撤退を迎えた。国際司法裁判所(ICJ)は、31日、「日本の南極海捕鯨を禁止しなければならない」は、オーストラリア政府の提訴を全面認め、日本の南極海捕鯨を中止するよう判決した。国際捕鯨規制条約に基づき、1986年から商業目的の捕鯨が全面禁止されたが、日本は「クジラの生息状況を調査する」とし、南極海と北西(北西)太平洋でミンククジラを中心に捕鯨を強行してきた。国際司法裁判所は、捕鯨が「研究・調査用捕鯨」ではなく「商業捕鯨」と判断した。これにより、日本の調査捕鯨船の南極海捕鯨が禁止される。試験では、'1シムジェ」である。日本政府は、「判決を受け入れている」と発表した。



韓国の捕鯨 South Korean eat Whale & Dolphin


字幕【テキサス親父】韓国の捕鯨開始を日本のせいにするカルト組織
ラベル:調査捕鯨
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック