2014年03月28日

中華圏では韓流ブーム再燃だが日本は「冷めた態度」=きっぱり「無関心」と台湾メディア

中華圏では韓流ブーム再燃だが日本は「冷めた態度」=きっぱり「無関心」と台湾メディア

中華圏では韓流ブーム再燃、日本は「冷めた態度」=きっぱり「無関心」―台湾メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=85686
配信日時:2014年3月28日 13時21分

2014年3月27日、中華圏およびアジア全体で再燃している韓流人気について、台湾メディアが「日本の冷めた態度」を報じている。NOWnewsが伝えた。

昨年のドラマ「継承者たち」が人気を集め、さらに「星から来たあなた」の爆発的ヒットで、中華圏では韓流人気が再燃。特に「星から来たあなた」は現在、アジア全体で人気が高まっているが、日本だけは全く反応しない。中華圏とは対照的な日本の状況について、NOWnewsは「韓国ドラマのテレビ放送が激減」「嫌韓意識」によるものだと伝えている。

TBSでは2010年にスタートした韓流ドラマ枠「韓流セレクト」を今月半ばに終了した。一時は大量にテレビ放送されていた韓流ドラマは、めっきり数が減っている。これに加え、竹島の領有権問題などがきっかけで、近年は特に嫌韓ムードが高まっている。このため、「韓流」と聞くだけで嫌悪感をもよおす人も多い。

中華圏では「星から来たあなた」の主演俳優キム・スヒョンがヨン様以来と言われる人気を見せている。ファンミーティングでの高額ギャラ、バラエティー番組の出演料が1本につき300万元(約5000万円)など、人気のバロメータとなるお金の話題が連日ニュースを賑わせる。これに対し、日本の際立った無関心さは注目の的だ。NOWnewsの報道に対し、ネットユーザーからは「日本に続け」の声も聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)


キム・スヒョン.PNG



2014年3月27日、中華圏およびアジア全体で再燃している韓流人気について、台湾メディアが「日本の冷めた態度」を報じている。
NOWnewsが伝えた。
ドラマ「継承者たち」が人気を集め、更に「星から来たあなた」の爆発的ヒットで、中華圏では韓流人気が再燃しているが、日本は全く反応しない。
「韓国ドラマのテレビ放送が激減」「嫌韓意識」によるものだと伝えている。
中華圏では「星から来たあなた」の主演俳優キム・スヒョンがヨン様以来と言われる人気を見せている。
これに対し、日本の際立った無関心さは注目の的。
NOWnewsの報道に対し、ネットユーザーからは「日本に続け」の声も聞かれている。
中華圏の方々、実態のないブームは碌なものじゃないですよ。
韓流ドラマなんて見る価値もない。
日本では終焉が近いです。



TBSの「韓流セレクト」終了で、いよいよ韓流ドラマ枠が全滅へ……?地上波で残るのはNHKの「トンイ」とテレビ東京の「韓流プレミア」のみ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392601306.html

日本のテレビはK-POPと韓流が垂れ流されているが終焉は近い!日本の5大地上波チャンネルから韓国ドラマ枠が消えそう!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/391470237.html



妄想と現実.PNG
韓流追放.PNG

朝鮮式水飲み ぺ・ヨンジュン.PNG


未だに、K-POPと韓流が大好きな人々がいますよね?
インターネットに繋げない情報弱者ならば、兎も角、ネットに繋いでいるにも関わらず、韓流が好きな人々って、韓国の反日活動に気付いていないのでしょうか?


K-POPは、海外で「ゾンビ・ウェーブ」と名付けられていて、ブームだとキャーキャー騒いでいるのは、一部の日本人だけです。
台湾では、確か、K-POPと韓流を排除しようという動きがありました。
韓流ドラマなんて、捏造もいいところです。
日韓併合まで清の属国だった万年奴隷の国がお伽噺のような衣装を着て、恥ずかしいったらないです。
韓国に日本は、どれだけ馬鹿にされているか分かりますか?
親日罪(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)という法律があって、韓国では日本を褒め称えると罰せられるので、日本のことを、馬鹿にしていますよ。
反日教育も徹底していますね。



韓国の男はいい男がいっぱい.PNG


広島、長崎への原爆投下は「神の懲罰」と主張したコラムを載せた中央日報
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/366233534.html



韓国で話題になった歌 東京は我らの領土 (日本語字幕つき)



韓国人とは、こういう民族です。
クローゼ選手負けて下さい.PNG


おまけ

韓国の青年が「日本人の皆さん地震で死んで下さい」とメッセージ
(Korean said 「All Japanese be killed in an earthquake.)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/292180020.html



韓国の反日教育 小学生の独島は我が領土


反日グループ・少女時代 「独島は韓国領土」


少女時代の独島はわが領土.PNG
独島はわが領土の少女時代.PNG

日本人を罵倒する韓国アイドルのライブ(日本語訳付)


【拡散】チャン・グンソクの反日CM 日の丸に座るチャン・グンソク


日の丸に座るチャン・グンソク.PNG

大震災があった日本を日本沈没と報道しました。(中央日報)

日本沈没と韓国.PNG

大地震をお祝いされましたしね。
大地震お祝いします.PNG

日の丸を燃やしたり、踏ん付けたりするのは、日常茶飯事です。

日の丸を燃やす韓国part1.PNG
日の丸を踏む韓国.PNG
日の丸を燃やす韓国part2.PNG
日の丸を踏みつける韓国.PNG
日の丸に小便をかける韓国.PNG
日の丸を銜える韓国.PNG

韓国のとある大学の入り口にある日の丸じゅうたん


日韓併合前の韓国

属国だった韓国.PNG

チマチョゴリの原型

乳出しチマチョゴリ.PNG

KOREA 韓流 日韓併合前の韓国



19世紀の朝鮮半島 韓国人が一生教わらない歴史 Old picture of Korea



【朝鮮半島の統治国の歴史】 万年属国から独立まで

紀元前108年〜220年:漢(植民地)
221年〜245年:魏(植民地)
108年〜313年:晋(植民地)
314年〜676年:晋宋梁陳隋唐(属国)
690年〜900年:渤海(属国)
1126年〜1234年:金(属国)
1259年〜1356年:モンゴル(属国)
1392年〜1637年:明(属国)
1637年〜1897年:清(属国)
1897年:下関条約により清の属国から開放される
(重要)
1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本の尽力によりロシアの属国化を回避
1905年〜1945年:日本(保護国、併合)
1945年〜1948年:アメリカ(非独立)
(重要)
1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)
1948年:軍事独裁政権誕生
1948年:済州島4.3事件 3万人虐殺
1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い
1950年:保導連盟事件 30万人虐殺
1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺
1951年:居昌事件 8500人虐殺
1979年:軍出身の大統領政権誕生
1980年:光州事件 600人虐殺
1993年:初の文民政権誕生
(韓国は民主化してまだ21年しか経っていない)
1997年:アジア通貨危機・国家財政崩壊によりIMFに土下座


参考

親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/275311010.html



私のブログの韓国カテゴリーと嫌韓カテゴリーを見れば、嫌韓派になれますよ。

韓国カテゴリー
http://hazukinoblog.seesaa.net/category/13695752-1.html

嫌韓カテゴリー
http://hazukinoblog.seesaa.net/category/13616798-1.html




参考

日本沈没と報道した中央日報に「安倍首相が憎くても…東北に温かい慰労を」と言われたくない!大地震をお祝いますとか「「韓国の青年が日本の皆さん地震で死んで下さい」とメッセージ」という最低の民族だ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/391155412.html



こちらも参考にして下さい。
↓↓↓↓↓

(続報)芸能人7人が証言する「韓国を嫌いになった瞬間」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392695617.html

芸能人7人が証言する「韓国を嫌いになった瞬間」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392648342.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック