2014年03月27日

建設業で外国人受け入れ拡大(政府・与党調整)

建設業で外国人受け入れ拡大(政府・与党調整)

建設業で外国人受け入れ拡大 政府・与党調整
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2501H_V20C14A3EE8000/?n_cid=TPRN0003
2014/3/26 2:00 日本経済新聞 電子版

政府・与党は人手不足が深刻な建設業で、外国人労働者の受け入れを拡大する方向で最終調整に入った。外国人向けの技能実習制度を実質的に拡充し、最長3年間の受け入れ期間を2年延ばしたり、過去の実習生の再入国を認めたりする。受け入れ人数はピーク時に現状の2倍の3万人規模に増える見通し。2020年の東京五輪に向け「即戦力」を活用し、膨らむ建設需要に対応する。

 政府・与党は幅広い業種で外国人労働者の活用を検討…


建設業で外国人受け.PNG



政府・与党は人手不足が深刻な建設業で、外国人労働者の受け入れを拡大する方向で最終調整に入った。
外国人向けの技能実習制度を実質的に拡充し、最長3年間の受け入れ期間を5年にし、過去の実習生の再入国を認めたりする。
2020年の東京五輪に向け「即戦力」を活用し、膨らむ建設需要に対応する。
「日本の建築業界に中国人が進出」という記事を書いたのですが、安い人件費で雇える中国人が建築業界に増えているとのこと。
中国人の仕事ぶりはとても丁寧とは言えず、後工程にある塗装、内装でカバーしているそうです。
地震大国の日本で建築の質の低下は国民全体の生命を脅かす重大な懸念材料となり得ます。
という訳でして、地震大国の日本に中国人のような安い賃金の建設業で働く労働者が増えれば、東京五輪がガタガタになり兼ねない。
日本人の建設業の労働者を育成する方が先ではないでしょうか。



自民党HP
https://www.jimin.jp/

自民党へのご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contact

↑↑↑↑↑
疑問に思う方は意見を送りましょう。



参考

日本の建築業界に中国人が進出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/314079546.html



自民が外国人労働者増へ提言案!外国人労働者の技能実習延長など申し入れへ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392814790.html

↑↑↑↑↑
こちらも参考にして下さい。
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック