2014年03月12日

総連本部が次点入札者への売却を検討!(東京地裁) 国内法人か?朝鮮総連とズブズブの法人でないことを願う!

総連本部が次点入札者への売却を検討!(東京地裁) 国内法人か?朝鮮総連とズブズブの法人でないことを願う!

総連本部、次点入札者への売却を検討 東京地裁 国内法人か
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140312/trl14031214480004-n1.htm
2014.3.12 14:46

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地建物の競売で、東京地裁が再入札で2番目の価格を付けていた入札者への売却を検討する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。昨年10月の再入札はモンゴル企業が50億1千万円で落札したが、証明する書類の不備を理由に売却を許されなかった。再入札にはモンゴル企業「アバール・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー」を含め2件の入札があった。次点の入札者は国内の法人との情報がある。

 地裁が売却するには、改めて次点入札者の書類を精査し許可をするかどうか判断する。売却しない場合、3回目の入札手続きに移行するとみられる。

 中央本部は東京都千代田区の一等地にあり総連の最大拠点。破綻した在日朝鮮人系信用組合から債権を引き継いだ整理回収機構の申し立てを受け、地裁が平成24年に競売開始を決めた。昨年3月の1回目入札で、最福寺(鹿児島市)が落札したが、代金を調達できず購入を断念していた。




朝鮮総連中央本部の土地建物の競売で、東京地裁が再入札で2番目の価格を付けていた入札者への売却を検討する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。
1回目入札で、最福寺(鹿児島市)が落札したが、代金を調達できず購入を断念していた。
モンゴル企業が落札したが、売却を許されなかった。
次点の入札者は国内の法人との情報がある。
国内の法人で朝鮮総連と関係のない法人でお願いします。
ラベル:朝鮮総連
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック