2014年01月22日

「日本に仏像返せ」訴えた韓国人僧侶は文化財奪還の活動家 真意めぐり臆測呼ぶ

「日本に仏像返せ」訴えた韓国人僧侶は文化財奪還の活動家 真意めぐり臆測呼ぶ
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140122/kor14012212160001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140122/kor14012212160001-n2.htm
2014.1.22 12:14 [日韓関係]

【ソウル=加藤達也】長崎県対馬市から仏像が盗まれて韓国に持ち込まれた問題で、日本への即時返還を韓国政府に求める訴えを20日、ソウル行政裁判所に起こした韓国人僧侶の真意をめぐり臆測を呼んでいる。

 僧侶は慧門氏で、「仏像が明白な盗難品であることが裁判で確定した。直ちに返還手続きに着手すべきだ」と主張。「(盗まれた)仏像のために日本で嫌韓の雰囲気が広がっている。仏像の返還は韓日関係の改善につながるだろう」と強調しているという。

 ただ、慧門氏は盗まれた仏像2体のうち「銅造如来立像」(国指定重要文化財)の返還は求めているが、もう1体の長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」には言及していない。また関係者によると、訴訟当事者としての資格などに疑問があり、正式な訴訟になるか不透明という。

 慧門氏は実は、日本など海外にある朝鮮半島由来の文化財を取り戻す市民団体の代表も務めている。請求権問題が「完全かつ最終的に解決した」と定めた、1965年の日韓基本条約に伴う請求権協定を無視し、文化財返還運動を展開してきた中心的活動家で、2011年12月、日本政府からの「朝鮮王朝儀軌」の引き渡しにも深く関与した。
日本側は「日韓友好に資する」と朝鮮王朝儀軌を引き渡したものの、当時の李明博政権は「取り戻した」として対日外交の勝利と位置づけた。その後、韓国では「日帝略奪文化財」への関心が高まり、朝鮮由来の文化財をめぐり日韓関係が複雑化した経緯がある。

 慧門氏の提訴について日韓文化財問題の関係者は、「盗んだ韓国が悪いと反省するのではなく、道徳的優位性を示して日本にある朝鮮半島由来の文化財の返還運動を有利にするのが目的だろう」とみている。


盗難仏像.PNG



日本に仏像を返すべきという韓国の僧侶、慧門氏は、日本など海外にある朝鮮半島由来の文化財を取り戻す市民団体の代表も務めている。
1965年の日韓基本条約に伴う請求権協定を無視し、文化財返還運動を展開してきた中心的活動家で、2011年12月、日本政府からの「朝鮮王朝儀軌」の引き渡しにも深く関与した。
仏像を盗んだ韓国が悪いという反省はないようです。
しかも、先日の報道では、2体のうち1体の仏像だけ返すというもの。
韓国が盗んだ仏像は2体とも対馬に返すべきです。



参考

盗難仏像「日本に即時返還を」 韓国僧侶が行政訴訟
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/385739497.html

盗難仏像「日本に返すのが当然」 韓国僧侶が行政審判請求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/381296374.html
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック